朝日新聞ファッションニュース

19年秋冬東京コレクション(下) 優雅に丁寧に、新鮮クラシック

2019年秋冬の東京コレクション(アマゾンファッションウィーク東京)では、エレガントなデザインが目立った。ストリートスタイルからクラシックへトレンドが変わる中、大人の服を作るブランドの存在感が強くなっている。新進ブランドでも、きちんと感を備えた服を作るブランドが増えてきた。

シルエット洗練

19年秋冬東京コレクション(下) 優雅に丁寧に、新鮮クラシック

(左)サポートサーフェス、(右)ハイク

ほどよく体に沿ったハイネックセーターと、無地のウールのロングスカート。紳士服風の生地で仕立てたワンピース。サポートサーフェス(研壁〈すりかべ〉宣男)は、形はシンプルだが、丁寧に寄せたドレープやシックな色使いが都会的で優雅な感覚だった。

ハイク(吉原秀明・大出由紀子)も、ゆったりした袖やロング丈などリラックス感がありながら、洗練されたシルエットが印象的。量感たっぷりのドレスや着物のような襟のコートからフリンジをのぞかせるなど、ウェスタンの要素で味付けした。

19年秋冬東京コレクション(下) 優雅に丁寧に、新鮮クラシック

(左)まとふ、(右)ポステレガント

前回に続いてまとふ(堀畑裕之・関口真希子)は、青森・津軽地方の自然や手仕事の現場をデザイナーが訪ねた映像を流し、新作について自ら説明した。こぎん刺しを施し、津軽塗のボタンを使った上着などを見せた。

新進ブランドでも生地や仕立ての質にこだわり、現代的なクラシックスタイルをつくろうとする傾向が目についた。中でも初参加のポステレガント(中田優也)は際立った出来栄えだった。

ベテランの試み

19年秋冬東京コレクション(下) 優雅に丁寧に、新鮮クラシック

(左)ヒロココシノ、(中央)ユキ・トリイ・インターナショナル、(右)タエ・アシダ

正統的なスタイルを得意としてきたベテラン勢は、意欲的な試みを見せた。

ヒロココシノ(コシノヒロコ)は、ピアノの生演奏と服が響き合うショー。抽象絵画調の色彩豊かな柄のワンピースなど、フラットシューズが合う軽快さと上品さを兼ね備えた服が並んだ。

ユキ・トリイ・インターナショナル(鳥居ユキ)は、ニットやクロコダイル柄の厚地サテンなど着心地の良さそうな暖かい生地を、明るめの秋色や若々しいシルエットで軽やかに仕上げた。

タエ・アシダ(芦田多恵)は、初めてメンズも発表した。同時に見せたレディース同様、明るい紫や羽根模様など色や柄で遊んだ。芦田は「友達やカップルで、『あっいいね! 取り換えよう』という会話が生まれるような自然な感じの服になればいいと思った」と話した。

倫理性への意識

19年秋冬東京コレクション(下) 優雅に丁寧に、新鮮クラシック

(左)サルダリーニ・カシミヤフレークス・バイ・ウジョー、(右)チルドレン・オブ・ザ・ディスコーダンス

パリやミラノに続いて、東京コレクションでも、倫理性や持続可能性を追求しながら、デザイン性の高いものを作ろうとする流れが出ている。

ウジョー(西崎暢〈みつる〉)は、イタリアの素材メーカー、サルダリーニ社と協業。スポーツテイストを盛り込んだモダンな感覚のアウターを並べた。素材はカシミヤをフレーク状に加工して綿入れ風にしたもので、軽く暖かく、多くのダウン(羽毛)のように鳥の羽根をむしり取らないという点で、「動物に優しい」とうたう。西崎は「モード界にエシカル(倫理的)な意識がもっと増えてもいい。そういうことをやるのもデザイナーの仕事かと思った」と話した。

チルドレン・オブ・ザ・ディスコーダンス(志鎌〈しかま〉英明)はメンズで、ビンテージ素材を用いたシックなストリートスタイル。バンダナのパッチワークなど、絶妙なバランスが目を引いた。着物の一部を使った服も。志鎌は「気合は入れない、何かと競い合わない、普通が一番調子いい。そんなコレクションです」とコメントした。

(編集委員・高橋牧子、神宮桃子)

<写真は大原広和氏、野村洋司氏撮影>

19年秋冬東京コレクション(上) ピカチュウとAIと…放つ個性 

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain