ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。今回、開館60周年を記念した『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』が開催中です。
故郷のスイスを離れた若きシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)が、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進し、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わる時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。

本展はル・コルビュジエと、彼と同時代の作家たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成されています。
第一次大戦後のキュビスムを代表するパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、フェルナン・レジェ、フアン・グリスの絵画と、ジャック・リプシッツ、アンリ・ローランスの彫刻により、ル・コルビュジエが多大な刺激を受けた1920年代パリの前衛美術界を再現。これら近代美術の巨匠たちの絵画・彫刻と、ル・コルビュジエの建築空間との融合は、ここ国立西洋美術館本館でしか見ることができません。

ル・コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となるのではないでしょうか。

>>展示作品のフォトギャラリーはこちら
※写真をクリックして、拡大してお楽しみください
※クレジット付画像を使用しています

国立西洋美術館開館60周年記念
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

会期:2019年2月19日(火)~2019年5月19日(日)
休館日:月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開館時間:9:30~17:30(毎週金・土曜日:9:30~20:00)※入館は閉館の30分前まで
会場:国立西洋美術館 本館 [東京 上野公園]
お問合せ:ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト:https://www.lecorbusier2019.jp

自分の「好き」は「仕事」になるか。『暮らしのおへそ』一田憲子さん、『純喫茶コレクション』難波里奈さん

トップへ戻る

人生どん底でも慌てず腐らずブレずに生きる! 映画『僕たちのラストステージ』

RECOMMENDおすすめの記事