ART&MOVIE

挑発するモード MET GALA2019

挑発するモード MET GALA2019

共同ホストを務めたレディー・ガガ/Reuters

世界が注目するファッションの祭典「Met Gala(メットガラ)」が日本時間5月7日、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開かれました。同美術館のファッション展の開幕に合わせて開かれるチャリティイベント。映画スターやミュージシャンなどファッション好きで鳴らすセレブが一堂に集結、その年のテーマを独自に解釈した装いでセンスを競い合いました。(文・深津純子)

挑発するモード MET GALA2019

エズラ・ミラーのメイクはSNSで大きな話題に/Reuters

今年のテーマは、米国の作家スーザン・ソンタグの著作にちなんだ「キャンプ:ファッションについてのノート」。キャンプといってもアウトドアではなく、仰々しく挑発的なことを意味するフランス語の「se camper」に由来する審美的様式のこと。常識に縛られない過剰さや技巧、皮肉なユーモアなど、様々な要素が含まれています。

挑発するモード MET GALA2019

主催者のアナ・ウィンター/Reuters

ガラを仕切るのはUS版「VOGUE」編集長のアナ・ウィンター。セレブの中から毎年選ぶ共同ホストには、レディー・ガガと女子プロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズ、グッチのクリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレが就任しました。

挑発するモード MET GALA2019

共同ホストのセリーナ・ウィリアムズ。華麗なドレスの足元はスニーカー/Reuters

挑発するモード MET GALA2019

共同ホストのアレッサンドロ・ミケーレ(左)とハリー・スタイルズ/Reuters

レッドカーペットならぬピンクのカーペットが敷き詰められたエントランスの階段がこの日のランウェイ。豪華なドレスだけでなく、その見せ方にもドラマチックな工夫をこらしたセレブが目立ちました。レディー・ガガはカーペット上でなんと4度も衣装をチェンジ。大胆なポージングでフラッシュを浴びました。

挑発するモード MET GALA2019

最後の衣装でポーズをとるレディー・ガガ/Reuters

ガガ様の早着替えの様子をもっと詳しく

ゲストにはエル・ファニング。リリー・コリンズ、シアーシャ・ローナン、エマ・ストーンなどおしゃれ自慢で知られるスターがそろい踏み。日ごろのイメージとはがらりと趣を変えた大胆なスタイルで喝采を浴びました。

挑発するモード MET GALA2019

エル・ファニングは凝ったネイルにも注目/Reuters

衣装というよりオブジェと呼びたくなる大掛かりなドレスも。ケイティ・ペリーはシャンデリアのようなドレスをまとって登場。ゴージャスな装飾を施したヘッドドレスも今年のトレンドでした。

挑発するモード MET GALA2019

ケイティ・ペリー/Reuters

男性セレブも負けてはいません。俳優のエズラ・ミラーは手の込んだ特殊メイクで度肝を抜き、ジャレッド・レトは自身のサロメをイメージしたのか生首を携えて登場。様々なレッドカーペットでジェンダーを超越したファッションを見せて来たビリー・ポーターは古代の王者のような黄金の衣装で入場し、会場を沸かせました。

挑発するモード MET GALA2019

自分そっくりの「生首」を携えたジャレッド・レト/Reuters

挑発するモード MET GALA2019

ビリー・ポーターは輿(こし)に乗って堂々の登場/Reuters

イベントの出席者は約600人。招待客以外は1人3万ドルの参加費がかかり、その収益が美術館の運営にあてられます。ファッションを通してファッション文化を盛り上げるMet Gala、来年はどんな趣向で楽しませてくれるのでしょう。

挑発するモード MET GALA2019

カーダシアン家もそろって登場/Reuters

Met Galaの関連記事もお見逃しなく!
>>ガガ様の早着替えの様子はこちら
>>旬のファッショニスタの注目モード
>>男性セレブも華やかに MET GALA2019

旬のファッショニスタの注目モードも、くわしくお伝えしていきます! お楽しみに!

人生どん底でも慌てず腐らずブレずに生きる! 映画『僕たちのラストステージ』

トップへ戻る

ガガ様の大変身をプレイバック! MET GALA2019

RECOMMENDおすすめの記事