おんなのイケ麺

「九つ井 本店」のざるそば 酒井はなさん 

「九つ井 本店」のざるそば 酒井はなさん 

「九つ井 本店」ざるそば

鎌倉にある実家に近くて、亡くなった両親とよく行ったお店です。小さい時からおそばといったらここ。今も夫(ダンサーの島地保武さん)とよく伺います。

お店は木々に囲まれ、自然と調和した風情ある古民家風の建物。細麺のおそばはさらさらとしたのどごしで、上品な食べ応えです。見た目も透明感があって、繊細で美しい。お店用に作られた器もかわいらしいんです。三浦産の野菜サラダとか新鮮な魚料理とか、だし巻き玉子にごま豆腐など、ほかのお料理も充実していて、おそばにたどりつく前に、いつも季節の料理を楽しみます。

ダンサーという職業柄、食には気をつけています。本番までに体調を整えて整えて、ベストの状態に持っていかないといけません。それ自体も一つの仕事ですね。

ここに来ると、舞台もお料理も総合芸術だと感じます。素材や空間など、いろいろな要素を調和させたうえで、愛情や演出が欠かせない。私も、見てもらう方に「本当によい時間を過ごした!」と心から思ってもらえる、記憶に残る踊りをしていきたいです。

    ◇

「九つ井 本店」 横浜市栄区田谷町1319(電話045-851-6121)。800円。午前11時半~午後9時(ラストオーダー)。祝日、木曜日を除く月曜と5月7、8日休み。

酒井はなさん

さかい・はな バレエダンサー。島地保武とのユニット「アルトノイ」を中心に活動。5月25日、東京・国立劇場で舞台「神々の残照」に出演予定。

「蕎麦六本」の玉子とじそば 水谷果穂さん

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事