クリトモのさかな道

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

328 Katong Laksa。5杯食べたうち、ここがナンバーワン

ゴールデンウィーク、家族でシンガポールに行ってきました。家族で楽しく過ごすのが第一の目的ですが、その合間にどうしてもやりたいことが。それは、私が世界一好きな「ラクサ」を食べまくること。「ラクサ」とは簡単に説明すると、エビとココナツ汁麺。スパイシーだけど、ココナツミルクの甘さとコクがなんとも言えないお味。

具はスタンダードなのが、もやし、かまぼこ、たまご、油揚げ。麺はだいたい選ぶことができて、たまご麺か米麺。個人的には二日酔いの時は米麺。ランチなどでがっつり食べたい時はたまご麺にしています。辛さを出したい人はサンバルというエビのチリペーストをプラス。私の場合は鬼盛り。汗をカキカキ、フーフーしながら食べるラクサはもう天国の味なのです。

というわけで滞在中5軒のラクサを食べることができました。
その中の一番おいしかった「328 Katong Laksa」をご紹介します。

ここは、ショッピングセンターの入り口の広場的なところにある小さなお店で、食べるのは目の前にある共有テーブル。注文して自分でトレーに乗せて席まで持っていきます。具に特に特徴はないですが、カレーリーフ的な葉っぱがたくさんかかっていたのが印象的。あと、米麺が全てブチ切れていた。これはワザとなの? それとも、時間が経ってるからなの?

麺料理だけど、レンゲですくわないと食べられないレベル。とはいえスープの味が抜群においしい! 乾燥あさりがたっぷり入っていて、すりつぶしたエビもたくさん入っているから、どんぶりの底には砂のような沈殿物が。この沈殿物がおいしいんですよねー。

他のお店の感想は写真と共にご覧ください。

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

Maxwell Food Centreのもの。二日酔いのためスープ完飲

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

fish head curry。食べるところが少ないのでグビグビ飲む感じ

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

Toast Boxのもの。盛り付けはきれいだけど塩辛い

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

チャンギ国際空港のTip Top。地味なんだけどなかなかのおいしさ。店員が無愛想だから忘れない

シンガポールで、世界一好きな「ラクサ」を食べまくる

空港……名前忘れちゃった。可もなく不可もなく。ザ・スタンダード

シンガポールに行ったら是非ラクサ食べてみてください。基本的にどの店もおいしいんです。まずいはないです。ご安心を!

PROFILE

栗原友

料理家
1975年生まれ、東京都出身。2012年から4年間、築地「斉藤水産」に勤務した。現在は料理教室を中心に活動する傍ら、魚料理の啓蒙や、魚を用いた食育に力を入れている。また、東京・浅草の遊園地「花やしき」内の居酒屋「夜のさわぎ」をはじめとする飲食店のプロデュースなど、幅広く活動中。近著に『クリトモの大人もおいしい離乳食』(扶桑社)、『クリトモのさかな道 築地が教えてくれた魚の楽しみ方』(朝日新聞出版)。

ついにオオゼキ様からご招待が!

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事