リノベーション・スタイル

飲み屋のような家にしたい! 好きを突きつめた家作り

T邸(本人 45歳)
東京都立川市 57平米 築21年

お酒好きの人の中には、「お気に入りの飲み屋が我が家だったらいいのに」と思っていることも多いはず。Tさんは、そんな願いをかなえました。コンセプトは「hangout(=“行きつけの場所”)」。職場もあり、よく飲みに行く店がある場所にマンションを購入し、飲み屋街の片隅に自分の飲み屋を作り、そこに住んでしまったかのような家を作ったのです。

Tさんが購入したのは、築21年リフォーム済みのマンションです。せっかくなら自分好みの家にしたいと、キッチンとリビング・ダイニングの部分的リノベーションを希望されました。水周りなど、使える部分はそのまま使用しています。

元々、インテリアに興味があったわけではなく、リノベーションを決めたら、俄然(がぜん)、こだわりたくなったそう。キッチンには、自分にとって居心地のいいお店のカウンターのサイズを測らせてもらい、同じサイズのL字のカウンターを設置。実家で余っていたテーブルの木を使い、青く塗装したのがポイントです。

飲み屋のような家にしたい! 好きを突きつめた家作り

キッチンからリビング方面を見る。窓際にはインナーテラスも作った

リビングには、寝転んでテレビが見られるように2畳ほどの小上がりを作りました。友人が遊びに来たときは、カウンターに座って飲んでもらってもいいし、リビングの小上がりでくつろいでもらってもいい。まさに、「hangout(=“たまり場”という意味もあり!)」のイメージです。

キッチンの写真を見ると、料理好きな男性に見えますが、料理はあまりしなかったそう。唯一、カレーを作るのが好きだったので、お気に入りのカレー屋さんと同じスパイスや調理器具をそろえていきました。

リノベーションは、インテリア好きな特別な人がするものと思われがちですが、Tさんのようにリノベーションをきっかけに、インテリアや料理に興味を持ったり、趣味が増えたりして、暮らしが楽しくなったとおっしゃる方は意外に多いのです。

私たちブルースタジオでリノベーションをされた友人、辻さん一家(<35>暮らしのリズム生む「長屋」風で)の影響を受けて、Tさんはリノベーションすることに。辻さんのお宅は小上がりの畳にスペースがあり、いいなと思ったのがきっかけでした。

飲み屋のような家にしたい! 好きを突きつめた家作り

右手の暖簾(のれん)の向こうがキッチン、奥は小上がり

自分の家をリノベーションする前に、いろいろなお宅を見ておくのはいいですね。Tさんの場合は、まねしたいお店もありました。こんなふうに、具体的なイメージがあると家作りの参考になります。

リノベーションをするときに大切なのは、「好きなものを見つけること」。Tさんは、「飲み屋が好き。飲み屋のような家にしたい」がベースになりました。そうすると、それに合うキッチンは? 床は? 壁は? 収納は?と考えていけば、自分にとっての居心地がいい家が自然に出来上がっていきます。

Tさんに聞いた!リノベーションQ&A

Q1.リノベーションをして生活は変わりましたか?
A.
変わりました! 料理を頻繁にするようになり、インテリアに興味を持つようになりました。友だちを家に呼ぶことが増えました!

Q2. 家の中で一番気に入っている場所は?
A.
キッチンのL字のカウンターです。塗装した青色も気に入り、キッチン脇の飾り棚、キッチンとベッドルームの仕切りのドアも同じ青を使いました。

Q3 リノベーションをして想像以上に良かったことは?
A.
棚をたくさん作ってよかったです。コレクションしているこけしや雑貨、レコードなどが飾りながら収納できています。そして、LDKの照明にいろいろなタイプを設置したら、用途にあわせて使い分けられるようになり、楽しいですね。
そして、何よりも、ここに住むようになってから自分自身の運気が上がりました(笑)!

(構成・文 大橋史子)

飲み屋のような家にしたい! 好きを突きつめた家作り

収納棚の一部が、寝室への隠し扉になっている

>>リノベーションの写真のつづきは下部のフォトギャラリーへ
フォトギャラリーは、プロフィールの下にあります。
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

PROFILE

石井健

「ブルースタジオ」執行役員
1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
http://www.bluestudio.jp/

リノベーションなの?コンパクトなリビング・ダイニングを使いやすくする新しい提案

トップへ戻る

後回しだったスペースがドラマチックな非日常空間に

RECOMMENDおすすめの記事