銀座でショートフィルムのコンテスト初開催 最優秀作品賞にオーストリアの監督作品

東京・銀座の企業や団体が主催するショートフィルム(短編映画)のコンテスト「GINZA SHORT FILM CONTEST 2019」の授賞式が5月22日開かれ、最優秀作品賞(賞金200万円)にオーストリア国籍のシビラ・パトリチア監督の「UNBROKEN」が選ばれた。

主催したのは、銀座に旗艦店を構えるラグジュアリーブランド24社で組織する「GILC」(ギンザ・インターナショナル・ラグジュアリー・コミッティ=三木均代表〈リシュモン・ジャパン社長〉)と、一般社団法人銀座通連合会(谷澤信一理事長)、全銀座会の3団体。ギャラリーや歌舞伎座など芸術拠点が集まる銀座を舞台に「新たな才能を発掘、生み出したい」と今年初めて開催した。

常に新しい潮流を受け入れ、伝統と調和・進化させてきた銀座を表す「型やぶり」をテーマに、5分以内の映像作品を募集したところ、国内外からアニメや実写、CGなど300点以上が集まった。

最優秀作品賞の「UNBROKEN」は、漆と金を使って割れた陶器を修復する日本独自の技法「金継ぎ」を描いたドキュメンタリー。パトリチア監督は受賞後、「古い伝統である金継ぎを通じて、失敗からこそ学ぶことがあると感じた。作品を通じて同じ思いを共有できたら」と語った。審査員を務めた映画監督の中野裕之氏は「復元する行為に金を足すことで新たな価値を生む金継ぎを通して、非常に難しいテーマをうまく表現した」と講評した。

ゲストプレゼンターを務めた女優の高梨臨さん(左)とシビラ・パトリチア監督

ゲストプレゼンターを務めた女優の高梨臨さん(左)とシビラ・パトリチア監督

ほか、優秀作品賞(賞金50万円)には野口量監督の「Splendor」、審査員特別賞(同30万円)には勝野賢監督の「Don’t Worry Be Happy」、銀座賞(同10万円)にはシュラーゲ・トビアス監督の「Like and Follow」、GILC賞(同10万円)には小田部俊彦監督の「テクノロジーと伝統芸能を用いた新たな表現への挑戦-鏡花水月-NIHONBUYO」が選ばれた。

受賞した皆さん

受賞した皆さん

授賞式には、短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2019」の代表を務める俳優の別所哲也さんも参加した。別所さんは「非常にたくさんの作品が集まり、驚いている。銀座が世界への扉を開く場所になって欲しい」とエールを送った。最優秀作品賞の「UNBROKEN」は、5月29日から東京都内で開かれる同映画祭で特別上映されるという。

        ◇

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2019

会期:2019年5月29日(水)~2019年6月16日(日)
会場:二子玉川ライズ、表参道ヒルズ、赤坂インターシティAIR、虎ノ門ヒルズ、シダックスカルチャービレッジのほか、オンライン会場として大半のプログラムをネット上でも視聴できる
公式サイト:https://www.shortshorts.org/2019/

「席を譲ろう……」ありふれた説教よりも心に残るエピソードを話した先生へ

トップへ戻る

初夏からのワンピース

RECOMMENDおすすめの記事