店で

初夏からのワンピース

初夏からのワンピース

東京・二子玉川ライズ「アダムエロペ」では、明るいオレンジ色のワンピースが目を引く。シルエットはゆったりと広がるAラインで、すそには刺しゅうが施されている。

襟の開きも程よく、キャップスリーブなどで気になるところを上手にカバーしつつ、シンプルながら存在感がある。インド綿100%のさらっとした肌触りは汗ばむ季節にぴったり。2万520円。

初夏からのワンピース

南青山「カバン・ド・ズッカ」では、3種類の生地を使ってひねりをきかせたワンピースを選ぶ。縦のラインが強調されたデザインで体形がすっきりと見える。すそにはプリーツを配し、動きに合わせて揺れる様子もすてき。

背中はジッパー仕様でラフ過ぎず、一枚で様になる。写真のパープルとネイビー、黒の他に白がある。3万240円。

初夏からのワンピース

南青山「エレンディーク」で見つけたのは、タレントの辺見えみりさんとコラボして作ったワンピース。着物の打ち合わせのようなカシュクールデザインは涼しげで、前を開けて羽織りものとしても活躍する。

程よく異国ムードのある柄のほうは、両脇を無地の別布にしてすっきり見える。黒はアクセントにカラフルなベルトがつく。2万8080円。

PROFILE

飯塚りえ

ゴロゾーマシーン 編集者・ライター
ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

雨の日が好きになるレインアイテム

トップへ戻る

サンダルで決める装い

RECOMMENDおすすめの記事