オトコの別腹

「くろぎ茶々」の常葉 白練  菊池武夫さん

「くろぎ茶々」の常葉 白練  菊池武夫さん

「くろぎ茶々」の常葉 白練

僕は第2次世界大戦の頃に東京で生まれたんですが、終戦後まもなくは食べるものがなく、砂糖は特に貴重でした。そんな中で、我が家には砂糖がストックしてありました。何の料理に使うのかというくらい大きなチョコレートもあって、毎日くだいて食べていましたね。手作りの餡(あん)もありましたよ。そんな環境にいたからでしょうか、子どもの頃から和洋問わず、こってりした甘さが大好きでした。僕はね、甘いものは甘いほうがいいと思っているんです。

これは店頭に出ていた箱がかわいいと思って買いました。2段作りの桐箱(きりばこ)で、スライド式のふたがある上の段には抹茶入りのきな粉と黒蜜が、下の段には抹茶とクリームチーズの葛羹(くずかん)が入っているんです。見た目がいいので、手土産として持って行ったりしますよ。

僕、飲む抹茶は好きなんですが、お菓子に使う抹茶は苦手なんです。だけど、これはイケた。ほんのりと抹茶の香りがして、チーズはしつこくない。舌触りがなめらかで、すごくおいしいんです。僕の好きなものの中では、最もさっぱりしていて貴重なスイーツです。

「くろぎ茶々」 東京都中央区銀座6の10の1、GINZA SIX地下2階(電話03-6264-5754)。360グラム、2916円。午前10時半~午後8時半(イートインのラストオーダーは7時半)。不定休。

菊池武夫さん

きくち・たけお ファッションデザイナー。1970年代にファッションブランド「ビギ(BIGI)」などを設立し、DCブランドブームを先導。84年よりメンズブランド「タケオキクチ」を手掛ける。

「新宿高野本店」のFruitプリン アラ・モード 奥野壮さん

トップへ戻る

「チーズケーキの店 ヨハン」のナチュラル 片岡孝太郎さん

RECOMMENDおすすめの記事