クリムト展 ウィーンと日本 1900

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇ります。日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介する「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が東京・上野の東京都美術館で開催中です。

没後100年を記念する展覧会では、《ユディトⅠ》や《女の三世代》など「黄金様式」の時代の傑作や、初期の自然主義的な作品、甘美な女性の肖像画や数多く手がけた風景画まで、クリムト芸術の精華を紹介します。また全長34mを超える壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製も見どころの一つ。同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品なども展示されています。

東京で大規模なクリムト展が開催されるのは、約30年ぶり。展覧会は愛知県の豊田市美術館にも巡回します。貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

>>展示のフォトギャラリーはこちら
※写真をクリックすると拡大されます

「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

<東京会場>
会期:2019年7月10日(水)まで
休室日:6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)
開室時間:9:30~17:30  
夜間開館:金曜日は9:30~20:00まで ※入室は閉室の30分前まで
会場:東京都美術館 企画展示室(東京・上野公園)
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

<豊田会場>
会期:2019年7月23日(火)~10月14日(月・祝)
休室日:月曜日(ただし8月12日、9月16日、9月23日、10月14日は開館)
開室時間:10:00~17:30  
会場:豊田市美術館(愛知県豊田市小坂本町)
問い合わせ:(0565)34-6748 

公式サイト:https://klimt2019.jp

<189>家賃も広さも半分に。長居したくなる事務所の台所

トップへ戻る

五輪メダリスト松田丈志、練習法と「勝ち飯」を中高生に伝授

RECOMMENDおすすめの記事