おんなのイケ麺

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば 田嶋陽子さん

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば 田嶋陽子さん

「函館らーめん 船見坂」の海老わんたんそば

月に1回、東京・四谷のシャンソンライブハウス「蟻(あり)ん子」の舞台に立ってるのね。64歳の時に、軽井沢の町おこしに一肌脱ぐつもりで「歌いましょうか」なんて軽口たたいたのが運のつき。七転八倒の日々よ。ライブ終わり、つけまつげのギラギラした顔のまんまで船見坂さんの暖簾(のれん)くぐってラーメンを食べるんだけど、これ、自分へのご褒美なの。

変な話、子どものころ我が家の年越しそばはラーメンでね。即席麺なんかは食べさせてもらえなくて、静岡県沼津市に「とんちんけん」って店が昔あったんだけど、そこのラーメンだけ年に1度食べられたの。そのおいしかったこと。今もってラーメンは私の憧れ。

うんちくは傾けられないけど、ここのスープがおいしいの。見た目はあっさりなのに口に運ぶと、こだわりの塩ベースに、豚や鶏、ホタテなどの魚介、野菜なんかのうまみが凝縮されていて濃厚。78歳にもなると過度な塩分摂取は命取り。でも、エビの香味油にも食欲をそそられ、残さずズズズよ。たまにだけれど、疲れた時やうれしい時にはラーメンが食べたくなるよね。

    ◇

東京都中央区銀座2の12の11(電話03-5565-5541)。900円。塩そば700円、手作り餃子380円(6個、持ち帰り可)。午前11時~翌午前4時(土日祝は午後10時まで)。原則無休。

田嶋陽子さん

たじま・ようこ
女性学研究家。13~19日、東京・表参道のギャラリーコンセプト21で個展「書アート」を開催。7月7日、東京・渋谷のNHKホールで開催されるシャンソンの祭典「パリ祭」に出演。

「豊前房」の豊前房うどん 平野紗季子さん

トップへ戻る

「讃岐うどん 根の津」のちく玉天うどん 東直子さん

RECOMMENDおすすめの記事