きんゆう女子。お金の学校

<38>金融庁の年金報告書、もう少し読みやすくなったらいいですね。

こんにちは。
金融ワカラナイ女子のためのコミュニティー「きんゆう女子。」を運営している鈴木万梨子です。
梅雨に入りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は先週末、渋谷で開かれたロサンゼルス発の美容フェス「Beautycon Tokyo」へ行ってきました。梅雨というより台風のような荒れた天候でしたが、会場は女子たちで大盛況でした。

渡辺直美さんやりゅうちぇるさんなど有名人によるトークショーや、ヘアメイクアーティストによるメイク講座、メイク商品の体験など盛りだくさんの内容でした。また、チケットやブースでのお買い物はQRコード決済になっていて、キャッシュレスを感じることができるイベントでした。こうしたイベントに行くときは、荷物をできるだけ少なくして身軽に参加したいのでキャッシュレス決済はとても便利ですね。

さて今回は、美容フェスに一緒にいったメンバーとの女子会で話した内容について書きたいと思います。
「キャッシュレス」と最近話題の「年金」の話がテーマに挙がりました。

<38>金融庁の年金報告書、もう少し読みやすくなったらいいですね。

参加したメンバーはKさん、Aさん、Nさんの3名で、みんな同世代。
まずは、スマホでのキャッシュレス決済について思うことをうかがいました。

********
まりこ:キャッシュレスの中でもスマホ決済は何を使ってる?

Kさん:どのアプリが一番お得で使いやすいか、キャンペーンごとにいろんなアプリにチャレンジしているよ。今は「メルペイ」を使っている。アプリを使うとお得な時に、たくさん買いだめしている感じかな。

Nさん:いろいろと試しているけど、アプリの中のメニューがよくわからないんだよね。友達にお金を送るのってどうやったらいいのかな。

Aさん:わたしはこれから登録しようかなって感じ。みんなすごいな〜。

Kさん:そもそも情報を知っているか知らないかで差がついてしまうって、どうなんだろうね。あとアプリが使えるか使えないかで差がつくのもどうなんだろう。本当は分けへだてなく、みんなが同じように使えて、同じように便利な情報を得られた方がいいよね。

****

Kさんの本質をつく発言に、思わずみんなうなずきます。

スマホを経由してどんどん情報が発信され、どれが本質的な情報なのかを見分けるリテラシーがますます必要になっているようです。

キャッシュレス決済のキャンペーンでお得なクーポンをもらえる一方で、サービスを提供する企業側にクーポンを使った行動履歴や個人情報などを提供しているという側面もあります。本当にそのサービスが必要かどうか、よく考えて使うことがわたしたち消費者側にも求められていると思います。

<38>金融庁の年金報告書、もう少し読みやすくなったらいいですね。

キャッシュレスの話から、いま話題の金融庁の年金報告書(※)に話がおよびました。

※金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」

*********
まりこ:ニュースで毎日のように流れている金融庁の年金報告書についてはどう思う? みんな、読んでみた?

Kさん:Twitterでまわってきたので、思わずPDF保存して読んでみた!

Nさん:私はニュースを見て、逆に2000万円で足りるのかなって思ってしまった。

Aさん:この間、報告書について麻生さんがコメントしていたよね。金融庁のホームページでわかりやすく書いてあったよ。「金融庁」「広報」「記者会見」と検索すると出てくるよ。
https://www.fsa.go.jp/common/conference/index.html

**********
みんなでURLをシェアして読むと、結構わかりやすく書いてあるのに驚きました!

<38>金融庁の年金報告書、もう少し読みやすくなったらいいですね。
健康寿命だけでなく資産寿命を延ばすこと。リタイアする前の水準を保とうとすると年金では足らなくなること。

「だから、つみたてNISAやiDeCoっていう制度ができたんだよね?」というような反応もありました。
もちろん不安じゃないとは、言い切れませんが、一種の明るいあきらめというか、だったら工夫して生きていこうよ。という意見もありました。
私自身もそう思います。

報告書を読んでみると、日本が置かれている現状を数字で見ることができて、世代ごとの具体的なお金の対処法も書かれていたのは改めて勉強になりました。

たとえば現役世代なら、時間を味方にして少ない金額から資産づくりを始めること。
副業を含めた複数の収入源を考えることなどが書かれています。

報じられるニュースだけを見ると不安を感じるかもしれませんが、冷静に報告書を読むと何をするべきか明確に書かれています。今回の騒動を機会に、もっと官公庁の出す文書などにも注目していきたいと思いました。

私たち個人は、このような文書を理解できるよう金融リテラシーを上げつつ、金融庁をはじめとする役所サイドには、もう少し読みやすい報告書を作っていただき、お互いが歩み寄れたらいいなぁと感じました。

PROFILE

鈴木万梨子

TOE THE LINE Inc. 代表取締役社長。獨協大学外国語学部フランス語学科卒。新卒でH.I.S.に入社し、法人営業として団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当し、海外を中心に約8千人にツアーを提供。起業を目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。金融業界に入ったことでお金の知識のなさに衝撃を受け、「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月に起業し、Webサイトを立ち上げ本格的に「きんゆう女子。」をスタートさせる。旅と服をコーディネート・手配するサービス「FIT the Local」を企画準備中。

<37>AIが投資をサポートしてくれるってどう思う?

トップへ戻る

<39>金融業界のビジネスモデルを理解しよう①

RECOMMENDおすすめの記事