店で

夏のジャケット

夏のジャケット

東京「デミルクス・ビームス新宿」では、ノーカラーの涼しげなジャケットを見つけた。一見かっちりとしたジャケットだが、実はジャージーで動きやすく、かつ生地には凹凸があって通気性もよい。自宅で洗濯もでき、丸めてバッグに入れてもシワになりにくいなど、夏のジャケットにぴったり。ストライプと黒、それにネイビーがそろう。1万9440円。

夏のジャケット

渋谷「ランバンオンブルー東急百貨店」では、ラッフル使いのジャケットを試す。肩や絞ったウエストにラッフルを施した、細身のシルエット。深いVゾーンも胸元をすっきりと見せている。全体にコンパクトだが、ストレッチがきいているので脱ぎ着も楽。お出かけ着としても、お仕事着としてもシーンを選ばず着回しができる。4万1040円。

夏のジャケット

小田急百貨店新宿店「ロペ」では、ダブルのテーラードジャケットを選ぶ。ボックスシルエット、ピンストライプできちんとした印象を醸しながら、一枚仕立てで涼しく、伸縮性があって着心地は楽。麻とポリエステルの混紡で、天然素材の風合いを楽しみつつ、自宅で洗濯ができるのもうれしい。3万1320円。同素材のパンツもある。

PROFILE

飯塚りえ

ゴロゾーマシーン 編集者・ライター
ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。

サンダルで決める装い

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事