ジョン・ルーリー展 Walk this way

ジョン・ルーリーにとって、2010年以来2度目となるワタリウム美術館での展覧会、『ジョン・ルーリー展 Walk this way』が開催中です。

1952年アメリカ生まれのジョン・ルーリー。
ギタリストのアート・リンゼイらと結成した、自称フェイク・ジャズバンド、「ラウンジ・リザーズ」のサックス奏者として活動。80年代はじめ、ジム・ジャームッシュ監督の映画「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「ダウン・バイ・ロー」に出演し、役者としても注目されることとなりました。

しかし90年代後半、「ライム病」という難病を患い、映画と音楽の世界から姿を消し、1人で自由な時間にできる絵画制作に活動の場を移しました。近年は、生活の大半をカリブ海の島で過ごし、作品にも植物や動物などの自然が多く登場しています。

美しい夢の中のように見える一方で、痛烈な皮肉が込められたジョン・ルーリーの絵画。自由でアナーキーなその世界の一部を、フォトギャラリーでご紹介します。

>>フォトギャラリーはこちら

ジョン・ルーリー展
Walk this way

会期:2019年4月5日(金)− 7月7日(日)
休館日:月曜日
開館時間:11時より19時まで(毎週水曜日は21時まで延長)
入館料:大人 1,000円 / 学生(25歳以下) 800円
会場:ワタリウム美術館
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6
Tel:03-3402-3001
http://www.watarium.co.jp

父が私に語り始めるとき 『苦しかったときの話をしようか』

トップへ戻る

野村友里さん「不安のドキドキ、トキメキのドキドキ」

RECOMMENDおすすめの記事