果実

細川亜衣さん「いんげんとピスタチオの茴香風味」

旬の素材を大切にしながら、世界中の料理のエッセンスを取り入れたおいしいものを熊本から発信し続ける料理家・細川亜衣さん。この春、『スープ』『野菜』に続く2年ぶりの新刊『果実』が出ました。
「果実は幸福のしるし」という、うっとりするような言葉から始まる、フルーツやナッツをたっぷり使ったレシピから、とっておきの一皿をご紹介します。今回は「いんげんとピスタチオの茴香(ウイキョウ)風味」です。(写真・在本彌生)
   

材料

・いんげん 200g
・モロッコいんげん 200g
・ピスタチオ 50g
・フェンネルシード 小さじ1/4
・揚げ油(米油、菜種サラダ油など)
・粗塩

作り方

いんげんとモロッコいんげんはへたを取る。
揚げ油を中火で熱したところに入れ、表面に軽くしわが寄るまで揚げる。
ピスタチオとフェンネルシードを細かく刻む。
揚げたいんげんの油を切って器に盛り、ピスタチオ、フェンネルシード、粗塩をふる。

=========

*いんげんやモロッコいんげんの他に、オクラ、なす、甘長唐辛子、ズッキーニなどを素揚げにして組み合わせてもよい。
*ピスタチオのかわりにカシューナッツや松の実を使ってもよい。
*ピスタチオは、シチリアやイランのものは、美しく鮮やかな緑色で、甘みやこくも強い。私は、その色を生かして、緑色の食材と合わせるのが好きで、アボカドとの相性はとてもよい。刻んだピスタチオを皮をむいたアボカドに散らし、オリーブ油と粗塩をふるだけでもよい前菜になる。

 

『果実』

細川 亜衣(リトルモア)

ダイナミックで、優美。
素材の持つ生命力とおいしさをそのまま閉じこめたような料理で、無二の存在感を放つ料理家・細川亜衣。

待望の新刊は、細川亜衣ならではの
各国料理のエッセンスを取り入れた、「果実」と「ナッツ」の料理63皿を収録。

果実のほのかな甘さと酸味、ナッツの歯ざわりとコク。
驚きの発想で料理を豊かにする、魅惑のレシピ。
(写真・在本彌生)

トップへ戻る

細川亜衣さん「小玉すいかの前菜」

RECOMMENDおすすめの記事