大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

恐竜の王様ティラノサウルスが、辺りを蹴散らす勢いで歩き回る

悠久の時を感じさせる壮大な音楽が流れる中、観客は、ただただ実物大の「恐竜たち」の巨大さに圧倒される。首長竜も、肉食竜もいる。約2億5千万年前から約6500万年前の中生代にさまよい込んだような気分ではないか。

世界を巡演する最大級の恐竜ショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」(WWD)が8月1~4日、新横浜の横浜アリーナで上演される。現在の形での公演は最後というから、子どもも大人も、まだ見ていない人は見逃せないし、既に見た人ももう一度見ておきたい。これをきっかけに夏休みの自由研究のテーマに「恐竜」を選んでもいいだろう。向学心に富む人にも、エンターテインメントを求める人にも、突き刺さってくるショーだ。

このショーは、BBC放送の同名のシリーズ番組が元になっている。これまで世界の250都市以上で上演され、約900万人を動員した。日本では2010年と13年に公演が行われている。

「恐竜を見たことがある」という現存者は、世界のどこを探してもいるはずがないのだけれども、私たちは、世界各地で発掘が続く恐竜の骨の標本や映画「ジュラシック・パーク」などで、案外、恐竜を見た気になっている。WWDは、その気持ちを、「なるほど、こうだったんだ」と確信させるような内容だ。

巨大な首長竜が目の前に

日本公演に先立って5月末から6月にかけて上演されたロシア・モスクワでの公演を見た。会場はVTBアレーナ。舞台はアイスリンクを利用しているため、会場に、どことなくひんやりと湿った空気が漂う。「恐竜時代も、もしかするとこうだったかもしれません」と、ツアー担当者の女性は笑った。

古生物学者役の男性が現れた。ショーの開幕だ。この人はいわば狂言回し。時代や地質学的な大変動、恐竜たちを説明していく。

時は中生代三畳紀。今から約2億3千万年前に、最初の恐竜が出現したといわれる。恐竜の卵の表面がもぞもぞ動きだし、殻が破れた。なまなましい幼体の恐竜が生命の喜びにふるえている。

大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

2頭のブラキオサウルス。首を交わし合い、情愛を伝え合っているのだろうか

ジュラ紀に入ると、人気のある草食竜のステゴサウルス、肉食竜のアロサウルスが威嚇し合う場面に。大型竜の繁栄が始まった。頭頂高約10メートル超、体長約20メートルの首長竜ブラキオサウルスが徘徊(はいかい)し始めた。見上げても尽きない首の長さ。かなり、でかい。高所にある樹木の葉だろうか、それを穏やかに食している。

と、背後から猟獣のようなアロが襲撃してきた。逃げ惑うブラキオが悲痛とも聞こえる声を上げた。すると、その声に応えるように、もっと大きなブラキオがのっそりと首を掲げて登場。2頭のブラキオは夫婦であろうか。力を合わせてアロを退散させた後の、ほっとしたひととき。長い首を交わし合いながら、平穏な時間をかみしめているかのような光景が広がった。恐竜たちも情愛を示し合うことがあったのだろうか。

大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

親のティラノサウルスが子どもを慈しむ

目も肌も、全てがリアル

この大型の恐竜は、リモートコントロールされたロボットではある。土台を自動車のように動かし、振幅のある移動を可能にする「ドライバー」、首や胴などを操縦する「ヴードゥー・パペティアー(VP)」、目や声を操作するVPという3者が連絡を取り合って、衝突しないように調整し、滑らかな動きを実現させている。

何度でも再現可能な操作というが、基本的にはマンパワーが鍵を握るライブなのだ。しかも、恐竜学の最新の知見が反映されているので、人が入りこんだ中型の恐竜は、着ぐるみタイプの恐竜では生み出せない、より学問的根拠のある動きを見せる。中に入る人は、恐竜の動きを出すための演技を習得しているという。

形状では羽毛に至るまで忠実に再現し、映画「スター・ウォーズ」でも用いられた、動きを精巧に再現する製作技術「アニマトロニクス」も使っている。目玉の中、目の周りのしわや口元の肌にも注目してほしい。なるほど、本物はこうだったのだな、と納得させられる。VPの1人、カリ・クラインさんは「最初の音楽だけでも泣けてきちゃうショー」と、恐竜を慈しみながら操作しているようだ。この恐竜愛が、恐竜たちを生き生きとさせているに違いない。

白亜紀になると、広葉樹が針葉樹にとって代わり、後頭部につながる約3メートルのフリルも、2本の角も立派な草食竜トロサウルスがどしどしと歩き回り出した。

大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

相対して威嚇し合うトロサウルス。このあと、両者は衝突する

ごつごつとした装甲に覆われたアンキロサウルスも現れるころには、恐竜王ティラノサウルスも姿を見せる。あどけない子どものティラノサウルスに続き、体長十数メートルの親のティラノが、あたりを破裂させるような感触で身をさらした。

ほえ声は落雷の音。耳を覆っても腹に響き、背中に抜けていく。分厚い腹部の流れと質量感、隆々とたくましい脚部、星一つでもかみ砕こうか、といわんばかりのあごと牙。これに対面したら、金縛りにかかったように足がすくむに違いない。客席をうかがいながら、なで切るように首を振り、発する声。すると、じゅうたんがめくられるように観客が一挙に腰を浮かせた。これでこそ恐竜ショーである。

大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

恐竜と少年。この場面は実際のショーでは設けられていないが、恐竜の大きさがわかる

子どもたちが喜んで見ているショーが終盤にさしかかるころになると、大人たちも、どっぷりとはまり込み、恐竜たちのいた約2億年前、さらには遥か彼方(かなた)の時間の流れを目撃しているかのように思えるはずだ。最終盤、一体どんな光景が立ち現れるのだろうか。それを、ぜひ、会場で確認してほしい。

(文・米原範彦)

世界最大級の恐竜ショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」
8月1日~4日、新横浜の横浜アリーナで。大人SS席1万円~C席3千円、子供SS席9千円~C席2千円。公式サイト。(朝日新聞社など主催)

<191>料理をする女・しない女。両方やってわかったこと

トップへ戻る

甘酢っぱい夏の香り。すももとミニバーグのサラダ

RECOMMENDおすすめの記事