このパンがすごい!

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

クリームチーズと黒こしょう、穀物コーヒー

 北の街で、ぐっとくる店に出会った。盛岡の「穀」。自家製の発酵種と国産小麦で作るパンやお菓子は、素朴と洗練が絶妙に同居する。体にやさしい飲み物といっしょにイートインできるカフェであり、同時に無添加の調味料や洗剤までカバーする自然食品店でもある。それらのセレクトが、新しい生活の物語を紡ぐ。

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

平パン

 「平パン」という画期的なパンを見つけた。名前の通り平べったい。イングリッシュマフィンでもなく、バンズでもなく、新しいサンド用パン。むにゅっと沈んで芯のような部分にあたる。それが溶けるとちゅるーと、お米みたいなフレーバーがあふれる。これを水平に二つに割ることで、麦のやさしい旨味で具材を包み込む。

 どんなふうに食べるパンなのか? 平パンを使った「クリームチーズと黒こしょう」は、調味料ではなく、素材自体に語らせるサンドイッチ。無糖のチーズと葉野菜とズッキーニとニンジンとクルミとレーズンとが、少しずつ肩を寄せ合った甘さ。自然の慈しみ、やさしさに感動する。マヨネーズもソースもないのに、北海道産小麦のフレーバーがサンドイッチを成立させるのだ。

 このパンができた経緯とは、店主の大村良平さんによれば、
「最初はイングリッシュマフィンの型で作っていましたが、天板をかぶせて平べったくするようになり、好きな大きさで作れるようになりました」

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

みそパン

 動物性の食品は使わない。その代わり素材を厳選。ときには自分たちでそれを作りだす。「みそパン」は、みそ味のクッキーをかぶせた、みそメロンパン。ここに使われるみそがなんと自家製。一度食べるや、塩気と豊かすぎる発酵フレーバーと酸味がやってきて、喉がかーっと熱くなる。そのワイルドさのあとに、なんともまろやか、さわやかな甘さの地平がやってくるのだ。ふわふわすぎない、むぎゅっとさも、おやきをほうふつとさせ、なつかしい。日本酒や自然派ワインと合わせたいと思う、不思議なおやつパンだ。

 レーズン種、そして小麦から起こすルヴァン種2種を使用。のみならず、粒で取り寄せた小麦から自家製粉する。酵母や乳酸菌という小さき生命の力にフレッシュな麦の力が加わり、パンという枠組みをじわりはみ出してくるような強烈な個性を生み出す。

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

全粒粉ロール

 たとえば「全粒粉ロール」。北海道・十勝で自然農を行う中川農場の小麦を挽いてすぐ使う。はじめ、新しい畳みたいにい草のような香りがする。激しく情熱的な麦の香りと、攻めた酸味の拮抗。そのあと、思いがけずレーズンのような甘さと、中川さんの麦ならではの草のような香りが現れる。

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

豆パン

「豆パン」にも、中川農場の小麦は使われる。むぎゅっとしていて、溶けないかな、と思ったところから、とろける。ほんのりの甘納豆の甘さ。それが着火するように、麦の香りとレーズン種ならではのフェロモン風味がどんどん勢いを増し、燃え上がる。

 中川農場の小麦との出会いを大村さんはこう語る。

「よかった、日本にこんなおいしい小麦があって」

みそまで自家製! 国産小麦と厳選素材が出会う「日常のパン」/穀

大村良平さんと妻の千明さん

 大村さんは、はじめにベーカリーチェーンで働いたあと、嫌気がさし、一時パンを離れたことがある。ヨーロッパを放浪、田舎町で、放り出すように置かれていた、でっかいパンに出会う。

「おいしいわけじゃないけど、これ、なんかすげーな。何日も経って、ぱさぱさになってもみんな食べてる。自分がそれまで作ってきたパンとはちがう、日常のパン」

 その衝撃を、この北の大地に住む人々に解きほぐしたのが、穀のパンではないか。畑からにょっきり生えてきたように無骨で、でもやさしい。ナチュラルな素材と出会って、ますます相性のよさを発揮する、体に負担にならない日常のパンだ。

■穀
盛岡市菜園1丁目6-9
019-623-2702
11:00~17:00
日曜休
https://www.facebook.com/bakerykoku/

↓↓フォトギャラリーは下部にあります↓↓ ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。
店舗マップはこちら

<よく読まれている記事>
崩れ去る全粒パンへの先入観。ナチュラルな酸いと甘いを噛む喜び「ひととわ」
通販もうれしい!! 「国産小麦・自家培養発酵種・長時間発酵・石窯焼き」のパン屋/ STONES BAKERY
人気店シェフがついに旗揚げ! 「ハード系三銃士」が食卓を彩る/ショウパンアルティザンベイクハウス
本格ハード系と焼きそばパンが同居!パンマニアにもおばあちゃんにもやさしいパン屋/市東製作所
【パンと絶景】標高2307m! 日本一高い場所にあるパン屋で食べる「山型パン」/横手山頂ヒュッテ

<バックナンバー>
このパンがすごい!

PROFILE

池田浩明

佐賀県出身。ライター、パンの研究所「パンラボ」主宰
日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくるブレッドギーク(パンおたく)。編著書に『パン欲』(世界文化社)、『サッカロマイセスセレビシエ』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『人生で一度は食べたいサンドイッチ』(PHP研究所)など。国産小麦のおいしさを伝える「新麦コレクション」でも活動中。最新刊は『パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界』(ガイドワークス)

http://panlabo.jugem.jp/

崩れ去る全粒パンへの先入観。ナチュラルな酸いと甘いを噛む喜び/ひととわ

トップへ戻る

名物は食パン。次の「パン飲み」はここから始まる!/Cise

RECOMMENDおすすめの記事