5分間の物語。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

長く感じたり、短く感じたり、「5分間」という時間の流れは人によってとらえ方が様々。では、その道の専門家が感じる5分間とは……。人間の感覚を表現する五感とともに、印象的な5分間をふりかえる。
    ◇
 昨年11月に第4子を出産した土屋アンナさんは今、「子どものことが中心」の生活を送っている。「1日24時間じゃ足りないくらいのエネルギー量を使っています」。そんな日々のなか、「運動している時は、無になれる瞬間。そこが唯一のストレス発散なのかな」という。

「仕事も忙しいし、スケジュールをパンパンにしていくのが好きなんです。だから子どもたちが寝静まるまではひたすら動いてます。でも少しでも自分だけに費やせる時間を作らないと、いっぱいいっぱいになってしまう」

 これまでにフィギュアスケートやバスケットボール、バレーボール、スキー、ダイビングなど、様々なスポーツをしてきたけれど、今はバレエが中心。

「バレエをしているひとたちのしなやかな筋肉は、すごくかっこいい」と彼女は言う。だからこそ、産後半年ほどで、体を作り直すことができたのだろうか。

「それもあります。でもバレエをちゃんとやるのはすごく大変。私はそういうハードなトレーニングが大好きだけど、多くの人は、きついと長続きしないですよね。運動が好きじゃない人にも、何か簡単にできることを紹介したかったんです」

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

 6月に出版された『1日3分のBreath Ass MethodでVラインまで見せたくなるお腹を作る』では、エクササイズクリエイターの高橋義人さんの指導のもと、土屋さんが「30代なかば、4人目の出産から約4カ月で体を作り直すことができた」というエクササイズを紹介している。高橋さんが「ブレスアス」と呼ぶ、お尻を締めることをベースに、呼吸しながら立つ、歩く、動くエクササイズ。誰にでも短時間にできるシンプルなものばかりだ。

「簡単だからクセがつくんですよ。クセになると、別にこれをやろうと思ってなくても、普通に立ってるのに『あ、やってる、自分』って気づく。それが大事」

 どこにも行かなくていい、毎日、自分のために3分間を作ること。簡単なことを続けると、自分の体のつくりがわかってくる。わかってくると、「情報源がまわりではなく、自分の体との会話になる」という。

「少しずつでもいいから、毎日やらないと、体は変わっていかないので、ちょっとでも体を動かして、自分をほめられる時間があるといいなって思います。私は電車を待っている時間とかにも、気づいたらやっちゃってますね」と土屋さんは笑う。
 そんな彼女をあらためて知るために、五感と特別な5分間について訊いた。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【視覚】
 毎日見ているのは、うちの外にある一本の木。そこにカラスかな、鳥の巣があって、家を出る時と戻る時には必ず目がいってしまう。緑が増えたり、逆に少なくなったり、毎日同じ場所で、毎日同じものを見てるんだけど、必ず変化があるんです。コンクリートジャングルのなか、一本の木にちゃんと動物が暮らしている。あ、いいな、本当はこれだけで十分なんだけどな、って思いながら、見てます。

 忘れられない景色は、やっぱり海のなかですね。記憶に残っているのはたくさんあるけど、なかでも初めてグレートバリアリーフに行った時。浅瀬をちょっとのぞいたら、ニモの世界が広がっていて。サメなんかもいて、好きだなって思いました。
 あとは、いつかの釜山でのライブで、ステージから見た景色も。5万人くらい集まってくれて、自分の奏でている音で、その人の山が動いているシーンには鳥肌が立ちました。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【味覚】
 ブロッコリー、カリフラワー、アボカド……。野菜の素材そのものの味が好き。あ、でもそんなこと言いながら、フレンチに行ったりしてもアガるな(笑)。なーにこのソース、何が入っているのかわかんないけど、おいしいなって。
 コハダのガリ巻きとか、生クリームとかも好きだし、体を戻す時も好きなものを食べています。量を調整すればいいだけなので。いろんなものを少しずつ食べたいので、小さなポーションで何種類ものお料理が楽しめることが理想です。あんまり考えずに好きなものを食べて、調子悪いなと思ったら、五感じゃないけど自分の中で、ちょっと胃に優しいものを食べるとか、自分の体と会話をしていったらいいと思う。

 あとは人と食べるのが好き。食事って楽しい時間。誰かと一緒においしいねって言いながら食べたいし、そんな時間を共有できる人がいるのも大事。だから仕事なんかで帰宅が遅くなって、家族みんなの食事が終わっていると寂しくなります。
 お酒も飲みますよ。ビールを飲んで太ってしまうというのは、私にはあまり経験がなくて。毎日たくさん飲んでしまえば、重くなってしまうでしょうけど、絶対にダメなんて面白くないですよね。海から上がった時とか、飲みたいじゃないですか!(笑)

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【嗅覚】
 プルメリアの香りが好き。タヒチに行った時にたくさん咲いていて、この島、すごくいいなって。赤ちゃんもいい匂いがします。すぐに忘れちゃうものだけど。でも男の子と女の子で違いますよね。男の子はなぜか汗臭くて(笑)、女の子の方がいい香り。
 子どもの頃に、よくおばあちゃんの家に行っていたんですけど、お勝手口から漂ってくる煮物の匂いが好きでした。今日はお肉と卵だなとか、今日はカジキだなとか、想像しながら。それはずいぶん前のことだけど、匂いと映像はセットですね。今でも鮮明です。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【聴覚】
 私、生きているなかで、嫌な音やつまらない音は一切、耳に入ってこないようにしているんです。そういうときは何も聞こえない。難しい話をされるとまったく頭に入ってこないので、時々、周りから怒られるんですけどね。大事なスケジュールの話だから、少しは聞いてくれって(笑)。

 音楽はよく聴きますよ。音楽って、現実を忘れさせてくれるところもありますよね。辛い時には、救ってくれたりもする。だから人には音楽が必要で、自分もそういうものを作りたいと思って、音楽を始めました。音には敏感なので、聞こえるようにしたり、聞こえなくなるようにしたりしているのかも。調子いいやつですね(笑)。

 好きな音楽は、ボーカルの上手なひと。私の一番はずっと、ホイットニー・ヒューストンで、日本人だと美空ひばりさん。ジェシー・ジェイもうまいし、クイーンとか、レディガガもやっぱり上手ですね。聴くのはアップテンポなものだけじゃなくて、時にはくらーい曲も。『シンドラーのリスト』で流れている曲とか。落ち込んでいる時なんかは、とことん落ち込む曲を聴いて、泣き続けたりする。そしてものすごく暗くなっている自分に気づいたら、今度は面白くなってくる。おなか空いてきたりして(笑)。人間って、感情の起伏の激しい単純な生き物だなって。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【触覚】
 妊娠中は……自分の中に、知らない別の生き物がいるみたい。あ、全然幸せそうじゃないですね(笑)。一番うれしかったのは、授かったことがわかったとき。ちっちゃーい点のような心臓がテケテケ動いているのが、エコーでわかった時は涙が出ました。その感覚はずっと覚えている気がするな。

土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

【5分間】
 腕時計はしないし、家には時計を置いていない。それぐらい、時間に追われるのが嫌いなんです。そんな私が出産の前だけは、時計を気にしなければならなくて。陣痛の間隔を計らないといけないので、時間との戦いでしたね(笑)。

 そのときぐらいじゃないですか、10分間とか5分間とか、きちんと計ったのは。時計で計ってみると、こんなに長いのかって。陣痛って、最初は複雑で一定ではないんですけど、徐々に等間隔になってくる。体が出産の準備をするわけですよね。体が時計とつながってるわけじゃないですか。体がその間隔を知ってるってことなんです。それが体内時計というものなんでしょうけど、不思議ですよね。ちゃんと時間通りに自分の体が動いているのを実感する。でもあの5分間はつらかった。魔の5分間(笑)。それが喜びに変わるんですけどね。
    
土屋アンナさんの五感と5分間「自分の体と会話したらいいと思う」

 モデルやミュージシャン、そして4人の子の母として、毎日をパワフルに楽しむ土屋さん。美しい姿勢と独特の感性で、これからもたくさんのファンを魅了していくはずだ。

(取材・文/井川洋一、写真/馬場磨貴)

1日3分のBreath Ass MethodでVラインまで見せたくなるお腹を作る
土屋アンナ 高橋義人(エクササイズクリエーター) 講談社刊

土屋アンナが35歳で“産後割れ”!!
産後、早く元のボディに戻したい! 
できることなら、もっと美しいボディに!
そう願う多くの女性のために、年間2000人以上のパーソナルトレーニングを手掛ける高橋義人が、『Breath Ass Method(ブレスアス・メソッド)』を考案。

お尻を締めて、呼吸しながら動くだけ! 1日1種目からでもOK!
継続すれば、家にいながらのエクササイズで確実に“やせ”を実感できます。

毎日の食事、妊娠から産後までのダイエット日記なども盛り込みつつ、楽しく“割れ”を手に入れる方法を伝授。
無理せず、楽しく! 続けられるエクササイズを一冊にまとめました。

「普通の女の子」としての生活を……。元バレーボール日本代表・木村沙織さんの五感と5分間

トップへ戻る

「休憩」は大事なこと。アーティスト・木村カエラさんの五感と5分間

RECOMMENDおすすめの記事