CROSS TALK ―クロストーク―

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

時代を切り開くトップランナーたちによる仕事論とライフスタイル――。

ウェブマガジン「&M」と「&w」のコラボレーション企画が本日よりスタートします。タイトルは「CROSS TALK(クロストーク)」。様々な世界で活躍する男女2人に二つのテーマで対談していただき、それぞれ「&M」と「&w」で紹介します。

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

初回に登場するのは、ギタリストのMIYAVIさんと、フードアーティストの諏訪綾子さんです。

 

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」
MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

MIYAVI

アーティスト/ ギタリスト。「サムライギタリスト」の異名を取り、通算300以上の公演と7度のワールドツアーを成功させる。近年は活動の幅を広げ、アンジェリーナ・ジョリー監督映画『Unbroken』では俳優としてハリウッドデビューを果たしたほか、2017年からは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めるなど、世界を股にかけて活躍する。

 

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

諏訪綾子(すわ あやこ)

アーティスト。2006年より食による表現活動「フードクリエイション」を主宰。 国内外でパフォーマンス「ゲリラレストラン」やディナーエクスペリエンス「Journey on the table」、フードインスタレーションなどを発表。人間の本能的な欲望、好奇心、進化をテーマにした食の表現を行い、美食でもなく、栄養源でもエネルギー源でもない、新たな食の価値を提案している。2014年、金沢21世紀美術館・開館10周年記念展覧会「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」。2019年、アルスエレクトロニカ「STARTS Prize Winner」ノミネート。


これまで7度のワールドツアーを成功させている日本有数のギタリストと、美食でも栄養源でもない、新たな「食の価値」を伝える、唯一無二のフードアーティスト。2人の出会いは、蜷川実花監督の新作映画『Diner ダイナー』の主題歌、DAOKO × MIYAVI 『千客万来』のミュージックビデオ撮影現場でした。

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

DAOKO × MIYAVI 『千客万来』

自由とは何か、豊かさとは何か――。表現者として生きる2人がライフスタイルについて語り合います。

好奇心と挑戦

MIYAVI 諏訪さんは普段何を食べるんですか? 好き嫌いはありますか?興味あるなあ。

諏訪 なんでも、好き嫌いはないです。好きなのは食べたことのないもの。初めて食べるものが好きです。それがおいしいとかおいしくないとかは関係なく。

MIYAVI “経験”を食べるんですね。最近は何か食べました?

諏訪 草を食べましたね(笑)。

MIYAVI えっ! 草は食べないなぁ(笑)。

諏訪 あと梅の季節は、道に落ちた梅を車が踏んだりすると、すごくいい匂いがしますよね。 夜の街を歩いていると、どこからともなくいい匂いがしてきて、ちょっと酔いそうになるくらい。そうすると食べたくなりますね。

MIYAVI これは食べても大丈夫、これはヤバいとか、直感でわかるんですか?

諏訪 動物と同じで、鍛えるとだんだんと洗練されるんです。ジャッジする感覚が。子どもの頃、やりませんでした?

私が育った場所は、能登半島の海も山も近くて、自然しかない、人工物がないみたいなところで。全部食べられるんじゃないかって、子どもだから思うじゃないですか。木になっているものもそうだし、落ちているもの、虫の死骸とか抜け殻とか、海に流れ着いてくるものとか。

好奇心もあるし、大人が教えてくれなければそれが何なのかわからない。最初はつついたりとか匂いを嗅ぐんですけど、最終的に口に入れたり、もしくは友達に食べさせたり。

MIYAVI 自分では食べないんだ(笑)。

「欲望」のその先にあるもの

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

ゲリラレストラン at 東京キャラバン 京都・二条城/2017年
撮影:井上嘉和

諏訪 初めての経験をするときの、自分の内面に湧き起こるいろんな感情とか思考をあじわう感じがすごく好きなんです。

MIYAVI 新しいことを発見したらまた新しいものが欲しくなるでしょ。欲を満たしたらまた別の欲を欲してしまう。でも、その楽しさや喜びこそが人としての喜びだし、 アートの根幹でもある。僕は、人間だからこそ求めてしまう欲望と、煩悩を断ち切ることのバランスについて、よく考えるんです。

諏訪 私の作品は、目の前にいる人の欲望に、いかにスイッチを入れるかって言う表現なんです。 MIYAVIさんがおっしゃったように、本能的な欲望は動物ももちろん持っていますけど、人間しか持っていない欲望があると思っています。

例えば好奇心も知的な欲望の一つですよね。そういう欲望があったからこそ、進化してきたし、文化や文明が生まれたのかなと。今ここで生きている人たちがこれから数十年後、どれだけ進化できるのかを考えたときに、その欲望を良い方向に飼い慣らすというか、仕向けるみたいなことができたら面白いと思いませんか。

MIYAVI 作品の中で仕向けようと考えているの? それは具体的にはどういうことなんですか?

諏訪 私は食べ物で作品を作っていますが、 無理やり口に入れて食べてもらうことはできないですよね。それはやりたくないから、目の前に、ここに置くだけ。それで食欲が湧いて、おいしそう、食べてみたいという好奇心で手にとってもらう。口に入れて咀嚼(そしゃく)して飲み込んで、初めて食べるという作品が完成します。そういう意味で、欲望をいかにかきたてるかなんです。

MIYAVI 食べてもらわないと完成しないんですね。

諏訪 食べ物って、見ているだけと、口に入れて飲み込んで体の一部とか思考の一部になることでは、体験の深度が違っていると思うんです。やはり食べてもらいたいという思いが究極的にはあります。

もちろん食べなくても、目で見て想像であじわうという方法もあるので、「あじわい方」に様々なレイヤーがあると言いますか。

MIYAVI そういう意味ではすごく3 D というか。視覚だけじゃないんですね。嗅覚も、味覚も含めての表現なんですね。

日常で大事にしている習慣と自由な時間

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

LUMINE NEWoManのインスタレーション/2018年
撮影:古井真也

諏訪 私はお腹を空かせる、空腹の時間を、大事にしています。朝昼晩と決まった時間に食べようとすると、お腹がすいてないのに食べる、ということもでてきますよね。お腹がすごくすいて、からだの内側から欲望がうかびあがるように心の声を聴く状態を1日に1回でもつくれると、感覚が研ぎ澄まされる感じがします。

MIYAVI 飢餓状態ですね。僕も毎回ライブの時はやります。僕の習慣は毎朝のルーティンかなあ。シャワーを浴びて血流を流して、ストレッチとトレーニング、そこからお供えとメディテーションをしてから、スムージーを飲む。子どもを起こす前に終わらせるようにしています。これはすごく大事ですね、

旅をすることが多いので、時差の調整も含めて体にサイクルを教えてあげます。世界のどこにいても毎朝それですね。朝早いのが好きなんです。空気が渋滞していない時間。さっきから考えていたんですよね。大切にしているひとりの時間とか、いろんな役割から解放されて自由になる時間があるかって。

もしかしたら、僕は何かしら役割をやっていることに自由を感じると言うか生き甲斐を感じているかもしれないなと。父親としてこうしないといけない、アーティストとしてこうしないといけないって考え出すと制限になって、役割がない時間の方が自由になっちゃうんだけど、逆に父親としての喜び、アーティストとしての喜びを感じられると、楽しめる。

だから、いつも何かしらの役割をやっている気がしますね。役割があるから自分でいられるのかもしれないし。役割がないときって寝ている時ぐらいじゃないかな(笑)。諏訪さんはどうですか?

諏訪 私は、欲望のままに生きている。そう言ってしまうとあんまり聞こえがよくないかもしれないですね。自分がこれを食べたい、そこに行きたい、あの人に会いたい、こういうことをしたいという思いに素直になって、直感に従ってやりたいことを実現することが、私にとっての自由なんです。

もちろん社会の中で生活していると、そんなに全部自由というわけにはいきませんが、合間合間で、精神的に自由だなって感じるときが幸せですね。
例えば今日この後の3時間は何もないとか、予定や約束が何もないときとか。

MIYAVI 例えば、予定が全部自分のしたいことで埋まっていたら、それは自由ではなくなる?

諏訪 それは自由の中で決めたことをしている時間なので、自由の延長線上にあるあじわいを楽しむような感覚でしょうか。ああ自由だと思う瞬間で言うと、予定を入れる前の、まだ何もないまっさらな状態、可能性に満ちたその瞬間が好きですね。

MIYAVI それもつまり、空腹の状態なんですね。

諏訪 確かに。空腹の状態って自由、いいですね。

本当の豊かさとは……

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

MIYAVI 僕は「Life is a constant learning process.」(人生は学びの連続である)っていう言葉を大切にしています。新しい味を発見するのもそうだし、毎秒、この会話の中でも何かを学ぼうとしている。それも、人間に与えられた特権だと思います。死ぬときまで学び続けていたいなと思いますね。諏訪さんは大切にしている言葉とかありますか?

諏訪 「あじわうことは進化すること」っていうのが私のテーマで。食べ物をあじわうこともそうですけど、日本語だと「あの人はあじわいのある人だ」という言い方もしますよね。「あじわい深いなぁ」とか。食べ物に限らず、いろんなことを体験したり、五感を通して体感したりするときに、深く自分なりにあじわい尽くしたい。それを続けていくことが自分自身の進化に繋がるように思っています。

好き嫌いだけじゃなくて、嫌いなものでもあじわうことに意味を見出すことができたら、生きることが面白くなるなって思っています。
なので草も食べます(笑)。

MIYAVI それはマジで腹下すんで、気をつけてください(笑)。

(文/高橋有紀 撮影/関めぐみ)


MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

『千客万来』のミュージックビデオ撮影現場で出会った2人。その時に感じたお互いの印象と驚きのエピソード、お互いが考える「カッコよさ」へと話が深まっていきます。

「MIYAVI×諏訪綾子」対談 続きはこちら
【&M】MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る「カッコいい」の本質 「持たない美学」と「大多数に流されない美学」

最新型 MIYAVI オリジナルサウンド、遂に完成

MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

『NO SLEEP TILL TOKYO』

未来へ、飛び込め。「サムライ・ギタリスト」MIYAVIが、昨年12月に発売したジャンル/キャリア/国境さえも超えたアーティストと真剣勝負を繰り広げる対戦型コラボレーション・アルバム『SAMURAI SESSIONS Vol.3』から僅か半年。間髪入れずにリリースされる最新アイテム。2016年8月発売「Fire Bird」から実に3年ぶりとなる待望のソロアルバム!ボーナストラックには7月5日公開の映画『Diner ダイナー』主題歌、DAOKO × MIYAVI「千客万来」収録!ジャケットは石田スイ氏(「東京喰種トーキョーグール」作者)による描き下ろし!
Official HP〉〈Instagram〉〈Twitter〉〈Facebook〉〈YouTube

トップへ戻る

西加奈子×田我流 表現者の2人が語る大切なライフスタイルとは? 「宇宙人感覚を持っている」「考えることを放棄しない」

RECOMMENDおすすめの記事