朝日新聞ファッションニュース

90年代のゴルチエ、ずらり 渋谷で展示販売

90年代のゴルチエ、ずらり 渋谷で展示販売

(左)メンズのロングシャツを持つ鈴木店長(右)着物をイメージしたドレス

東京・渋谷の古着のセレクトショップ「アーカイブ・ストア」で、仏デザイナー、ジャンポール・ゴルチエのコレクション展「Collection of Jean Paul GAULTIER from 1990’s」が開催中だ。メンズ、レディースとも90年代に発表した約50点を展示、販売している。5万円前後を中心に、トップスやドレスなどがそろう。

ゴルチエは、前衛的なデザインと老若男女を問わない自由なスタイルで、性差の境をなくす創作を続けている。 「ロエベやグッチなど多くのメゾンを中心に、ジェンダーレスが当たり前になっている今、先駆者的存在として紹介したかった」と山田日貴(ひだか)広報担当。

鈴木達之店長は、女性でもワンピースとして着られるメンズのロングシャツを手に「ペイズリー柄の刺繍(ししゅう)の手仕事や素材の良さを見てほしい」と話す。31日まで。公式サイトはwww.archivestore.jp。(松沢奈々子)

ヘアメイクアップアーティスト・計良宏文さん、裏方を超えた取り組み

トップへ戻る

大胆に繊細に、「いま」更新 19年秋冬パリ・オートクチュール

RECOMMENDおすすめの記事