よなよなハンコ

よなよなハンコ50回! ありがとうございます

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんの連載「よなよなハンコ」。2年前の夏に始まったこの連載が、めでたく50回を迎えました! ご愛読の皆さま、今日初めて来てくださった皆さま、どうもありがとうございます。今回の作品「50回目の50!」は10個のハンコで作られているそうです。ひとつずつ頭の中で分解して、ハンコがどう押されているのか眺める、というツウなお楽しみもぜひ!
    ◇
今日から8月ですねー。以前漬けた梅ジュースがそろそろ出来そうなのでワクワクしつつ、9日から猪苗代湖で開催される「オハラ☆ブレイク」に向けて作品制作中のこの頃です。あと1週間だな~頑張らなきゃ。今月もいろんな制作をしていきますよー。

実はよなよなハンコは、今回で50回目なんです!!
このコラムも始まってから2年になるんですよね~。すごくない!?って自分が一番感動しています。50回分もよく書くことあったよなぁ。ワークショップにチャレンジできたのもコラムのおかげだし、本当にいろいろとありがたい大事な場所になっているなと思います。

よなよなハンコを始めてからは、消しゴムハンコで今まで彫ったことないものにも手を出すようになったし、作りたい!っていう気持ちも大きくなりました。
土偶桜餅いくらなんかはそういう感じで、キャラクター化して消しゴムハンコにしようと思ったことはなかったんです。でも話に合わせて描いてみたら意外とうまくできて、今まで知らなかった自分にも出会えたような感じがしました。おかげで好きな作品たちがすごく増えましたね。

月に2回のコラムなので、別の仕事と締め切りが被って、ヒー! 書けない~彫れない~やばいぃ!ってことが結構あるんですが、そんなピンチのおかげなのか、ずっと書いてるからなのか、前より文章を早くまとめられるようになりました。少し成長してきてるのかな? でもそれもテーマが思いついていたらの話ではあるんですけどね……!

今回の消しゴムハンコは、50回目の50! エンピツと消しゴムも。10種類の消しゴムハンコを使って制作しました。
消しゴムハンコもだいぶ彫るのが早くなりましたね~。ムリだと思うけど、もっとペンで絵を描くみたいに素早くなりたいなー。

50回目ときたら、やっぱり100回はいきたいですね! レコはな展のときに、いろんな方に文章が読みやすいって言ってもらえたので、そこをウリにこれからも書いていくぞ~。消しゴムハンコも新作をガンガン彫っていきたいな。

木曜日更新の月2回のよなよなハンコ、これからもよろしくお願いしますー!
ではまた次回。

百世

PROFILE

百世

消しゴムハンコ作家。東京都在住。
2013年1月より消しゴムハンコなどの創作活動を開始。
2014年4月、初の個展「一粒万倍 百世のモモ版画」を銀座のギャラリー403で開催。以後、忌野清志郎「ネズミに捧ぐ詩」の装画やファッションブランドZUCCaとの展覧会、CDジャケット、ロゴマーク、ドラマのタイトルバックやフェスのグッズなども手掛けている。
2018年10月には犬猫グッズの「わんコレ」からコラボ商品が発売された。
https://www.momoyo-hanko.com/

「百世-レコはな展-」ありがとう&意外な人気者が発覚!

トップへ戻る

一発勝負! ライブスタンピング「ガラスの地球を救え」

RECOMMENDおすすめの記事