週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

8月にはいりました。暑い日が続きますが、カレーに美しい手仕事に、食べて見て元気になってこの夏を乗り切りたいものです。今週末はどこに行く?

スリランカフェスティバル2019 3日(土)・4日(日)

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

連載「スリランカ 光の島へ」より 撮影・石野明子

本場のスリランカ料理を味わえるフードブースや、アーユルヴェーダマッサージを体験できるブース、雑貨やセイロン紅茶の物販ブースなど、スリランカの食と文化に触れられる、盛りだくさんの内容。

information
スリランカフェスティバル2019
日程:8月3日(土)・4日(日)
時間:10:00~20:00
会場:代々木公園イベント広場
主催:スリランカビジネス評議会(スリランカ大使館内)

>>【関連記事】連載・スリランカ 光の島へ

「Moon Marché」3日(土)・4日(日)

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

青山にあるミナ ペルホネンによるセレクトの店「call」にて、熊本県の水俣より、もじょか堂の澤井健太郎さん、スタジオビーガンの吉村純さん、天の製茶園の天野浩さんをゲストに、お茶の話のワークショップとお茶会、朝食会が開かれる。「日本の南と暮らす」ことを、目で舌で耳で楽しめるこの機会。

information
日程:8月3日(土)・4日(日)
場所:call
各種イベントの詳細はHPにて

>>【関連記事】皆川明さんが呼び寄せた、心地よいものたち ~call

「布博 in 横浜 vol.1」 3日(土)・4日(日)

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

フォトギャラリー『刺繡博物図』より 撮影:山田薫

テキスタイルデザイナーや刺繍(ししゅう)作家など、第一線で活躍する作り手たちが、全国から集います。作り手自らがブースに立ち、その手から生まれたものを展示・販売。『刺繡博物図』の作者、刺繍作家atsumiさんも参加。

information
布博 in 横浜 vol.1
日程:8月3日(土)・4日(日)
時間:10:00~18:30
会場:大さん橋ホール
入場料:前売り600円 当日700円

>>【関連記事】『刺繡博物図』フォトギャラリー

世界最大級の恐竜ショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」4日(日)まで

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

全世界900万人が熱狂した世界最大の恐竜ライブ。現在の形での公演は今回で最後!

information
ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス
日程:8月4日(日)まで
会場:横浜アリーナ(神奈川県横浜市港北区新横浜3-10)
詳細はHPをご覧ください。

>>【関連記事】大人の好奇心に突き刺さる、世界最大級の恐竜ショーが来日

natsuki nishitomi POPUP FAIR 5日(月)まで

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

連載「ファッショニスタの逸品」より 撮影・石塚定人

アンティーク家具や雑貨を扱う自由が丘の「BROCANTE(ブロカント)」の2F「Seeding」にて、ステンドグラス作家西冨なつきさんのポップアップフェアを開催。花器など植物とステンドグラスを合わせて楽しめる作品が並ぶ。

information
nishitomi natsuki POPUP FAIR
会期:7月19日~8月5日(火、水、木曜日定休) 13:00~18:00
会場:Seeding store 東京都目黒区自由が丘3-7-7 BROCANTE 2F

>>【関連記事】暮らしと庭をトータルでデザイン 松田行弘さん

『ブレス あの波の向こうへ』 新宿シネマカリテ他全国順次公開中

週末ここ行こう―イベント情報 2019年8月3日・4日

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

原作は、日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉ある“マイルズ・フランクリン文学賞”を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」。オーストラリアの海辺の小さな町でサーフィンを通じて恋の痛みやたくましさを身につけていく少年たちの姿を描き、本国で5週連続TOP10入り、2018年度インディーズ映画で1位の大ヒットを記録しました。

information
新宿シネマカリテ他全国順次公開中。
公式HP:breath-movie.com
© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

>>【関連記事】【劇場鑑賞券&原作本】伝説のサーフ文学を映画化『ブレス あの波の向こうへ』

こぎん刺しのアクセント まとふ「深い物語性」、生地作りから模索

トップへ戻る

心地よい、大人Tシャツ

RECOMMENDおすすめの記事