優しいほとけ・怖いほとけ

飛鳥時代7世紀から江戸時代17世紀に至る仏教絵画・彫刻の優品約35点から、ほとけのさまざまな表情とその意味を考える展覧会『優しいほとけ・怖いほとけ』が東京・根津美術館で開催中です。

ほとけは、密教の「三輪身」の考え方によれば、その役割からほぼ3種類に分類することができます。仏教の真理を体現する厳かな「如来」、人々を苦難から救い福楽を与える慈悲の「菩薩(ぼさつ)」、教えに従わない者や怨敵を屈服させる忿怒(ふんぬ)の「明王」、この忿怒のほとけには武将の姿で外敵を撃退する四天王のような「天」も入ります。

尊い釈迦如来を礼拝し、優しい観音菩薩に救いを求め、迷いや邪念を不動明王の猛火に投じ、毘沙門天に安堵(あんど)を頼む―それにより人々は現世での健やかな人生を願ってきました。

展示作品から、一部をフォトギャラリーでご紹介します。
《愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう)》(江戸時代)は修復を終え、本展で初公開となります。

優しいほとけ・怖いほとけ

会期:2019年7月25日(木)~8月25日(日)
休館日:毎週月曜日 ただし8月12日(月・祝)開館、8月13日(火)休館
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:根津美術館 展示室1・2(東京都港区南青山6-5-1)
入場料:一般1100円 学生800円 *20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
お問い合わせ:03-3400-2536
http://www.nezu-muse.or.jp

トッズとコラボ「幸せになれる靴を」 アルベール・エルバス

トップへ戻る

エンサイマーダだけじゃない! 二子玉川で食感天国スペインを楽しむ裏技/マヨルカ

RECOMMENDおすすめの記事