朝日新聞ファッションニュース

トッズとコラボ「幸せになれる靴を」 アルベール・エルバス

トッズとコラボ「幸せになれる靴を」 アルベール・エルバス

(左)1961年、モロッコ生まれ=大原広和氏撮影(右)「トッズ・ハッピー・モーメンツ・バイ・アルベール・エルバス」より。写真は税別7万3000円

皮革製品で知られる伊ブランド、トッズは、人気デザイナーのアルベール・エルバスとコラボした商品群を発売した。パリで今月2日、デザインに対する思いをエルバスに聞いた。

新商品群「トッズ・ハッピー・モーメンツ・バイ・アルベール・エルバス」は、靴やバッグなど13型。靴はブランドのアイコンであるドライビングシューズの底をスニーカー風の厚底に変えたり、アッパー部分にウェットスーツに使われるネオプレン素材を用いたり。赤や青など最大7色の明るい色がそろう。

テーマを「ハッピー・モーメンツ」にした理由を「いま、自分は幸せじゃないと考えている人が多いと思ったから」とエルバス。「人を幸せにするような靴、しかもリアルに日常ではける靴」が作りたかったという。人気を博したランバンのデザイナーを2015年に退任して以降、特に大きな仕事はしてこなかった。「過去4年、私も幸せとは言い難かった。だから自分も幸せになれるような靴を目指した」

コラボを受けたのは、トッズの工場で職人の仕事を見たことから。「心を込めて、手を動かして作ることの美しさ」に感銘した。また、協業が流行する中で、「単なるPRやインスタ映えのためのコラボの次元とは違う何かをしたい」と思ったからだ。「今後のファッションには、自分にしかできないことを実現すること、フォロワーではなくパイオニアになることがますます求められると思った」

メンズを含む第2弾は10月に発売予定。(編集委員・高橋牧子)

こぎん刺しのアクセント まとふ「深い物語性」、生地作りから模索

トップへ戻る

自然界モチーフ 至高の輝き パリ、宝飾ブランドの新作発表

RECOMMENDおすすめの記事