国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

クロード・モネ《睡蓮、柳の反映》(修復後) 1916年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館 松方幸次郎御遺族より寄贈(旧松方コレクション)

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を収集しました。日本の人たちに欧米の文化を、絵画を通じて紹介したい、そして美術館構想へと思いは発展していきました。
しかしコレクションは数奇な運命をたどります。不況により売りに出され、第二次世界大戦末期にはパリでフランス政府に接収され、1万点を超えた作品は分散してしまいました。戦後、フランスから日本へ寄贈返還された375点とともに、1959年、国立西洋美術館が誕生したとき、ようやく松方コレクションは安住の地を見出したのです。
今回のフォトギャラリーでもご紹介しているモネの「睡蓮、柳の反映」は、かつて松方コレクションにありながら、長らく行方がわからなかった作品。半世紀を経たこの「幻の睡蓮」は、松方コレクションの象徴的存在といってもいいほど。修復した本作品が初公開となります。

フォトギャラリーは下部にあります。 ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

会期:2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)
会場:国立西洋美術館(上野公園) 東京都台東区上野公園7-7
開館時間:9:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~21:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、(ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館)
観覧料金:当日:一般1600円、大学生1200円、高校生800円
団体:一般1400円、大学生1000円、高校生600円

>>観覧券プレゼント!詳しくはこちらから。

『日本の美しい かき氷』

トップへ戻る

《パリの外国ごはん そのあとで。》猛暑だから! レユニオン島のトマトカレーとサバのサモサ

RECOMMENDおすすめの記事