世界初公開も! 恐竜博2019

1969年、アメリカで発見された肉食恐竜が、「恐ろしいツメ」を意味するデイノ二クスと命名されました。このデイノニクスの研究により、「恐竜は現生の温血動物のように活発に動き回り、群れで狩りをする知能を持っていた」と考えられるようになり、それまで愚鈍な生き物とされていた恐竜のイメージを一新しました。「恐竜ルネサンス」と呼ばれる新しい恐竜観の時代が始まったのです。

1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、そして近未来を展望した展示が東京・上野の国立科学博物館で開催中です。全長約11mのデイノケイルスの全身復元骨格は世界初公開、日本一の恐竜化石とされる北海道で発見された「むかわ竜(通称)」の全身実物化石は、展覧会としては世界初公開。そのほか、化石クリーニングの実演や「BEAMS DESIGN」とコラボしたグッズなど、みどころ満載となっています。

フォトギャラリーは画面下へ。 ※写真をクリックするとくわしく表示されます。 

恐竜博2019
会期:2019年7月13日(土)~2019年10月14日(月・祝)
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)※巡回展はありません
   東京都台東区上野公園7-20
料金:一般・大学生 1600円 / 小・中・高校生 600円
   【金曜・土曜限定ペア得ナイト券】2名1組 2000円(会場で当日午後5時以降販売。2名様同時入場限定)

開催時間:午前9時~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)     
     ※入場は各閉館時刻の30分前まで

休館日:9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
主催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

台所では料理しなくてもいい? 最近注目の台所物語

トップへ戻る

<42>大人のワーケーション in 上海(前半)

RECOMMENDおすすめの記事