高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

「火垂るの墓」セル付き背景画 ©野坂昭如/新潮社,1988

日本を代表するアニメーション映画監督である高畑勲さんの、半世紀におよぶ創作の軌跡を紹介する『高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの』が東京国立近代美術館で開催中です。
「アルプスの少女ハイジ」(1974年)、「赤毛のアン」(1979年)などのTV名作シリーズで、日常生活を丹念に描き出す手法を通して、冒険ファンタジーとは異なる豊かな人間ドラマの形を完成させました。高畑勲の「演出術」に注目し、未公開資料も含む約1000点の資料から作品世界の秘密に迫っています。戦後の日本アニメーションの礎を築き、他のクリエーターにも大きな影響を与えた高畑さんの世界の一部をフォトギャラリーでご紹介します

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

(「アルプスの少女ハイジ」の絵コンテを拡大して見る)

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

開催期間:2019年7月2日(火)〜10月6日(日)
※休館日:月曜(9月16日、9月23日は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)
開催時間:10:00-17:00 (金曜・土曜は10:00-21:00)※入館は閉館の30分前まで
開催場所:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
電話番号:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
料金:一般当日 1500円 / 大学生 1100円 / 高校生 600円 ※いずれも消費税込
公式HP:https://takahata-ten.jp

高畑勲(たかはた・いさお)

1935年三重県生まれ。岡山県で育つ。 1959年東京大学仏文科を卒業。同年東映動画(現・東映アニメーション)に入社。 1968年、劇場用長編初演出(監督)となる「太陽の王子 ホルスの大冒険」を完成。 1974年テレビシリーズ「アルプスの少女ハイジ」全話を演出。1976年にはテレビ「母をたずねて三千里」、1979年にはテレビ「赤毛のアン」の全話演出を手がけた。その後1981年公開の映画「じゃり子チエ」、1982年公開の映画「セロ弾きのゴーシュ」を監督。1984年公開の宮崎駿の「風の谷のナウシカ」ではプロデューサーを務めた。1985年スタジオジブリ設立に参画。自らの脚本・監督作品として以下の映画──「火垂るの墓」(1988)、「おもひでぽろぽろ」(1991)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)、「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999) 、「かぐや姫の物語」(2013)を制作。『映画を作りながら考えたこと』(1984)、『十二世紀のアニメーション』(1999)、『アニメーション、折にふれて』(2013)など多数の著作がある。

【美術観覧券プレゼント】高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの 

トップへ戻る

脱プラスチックで、賢くやさしい暮らしを 雑誌『いいね』

RECOMMENDおすすめの記事