シトウレイの好きな服、似合う服。

ジョガーパンツもこのコツがあれば「こなれ」てみえる。

ジョガーパンツもこのコツがあれば「こなれ」てみえる。

こんにちは、シトウレイです。
2020オリンピック、パラリンピックを前に、スポーツの注目度が高まっている昨今。

ランニング、ウォーキング、ヨガに筋トレ、最近では暗闇サイクリングなど、スポーツをレジャーとして楽しむ人が増えてきました。

皆さんの中にもスポーツを毎日の生活に取り入れている人もいるかと思います。

さて、今日はそんな時に着る「スポーツアイテム」をファッションとして街着に取り入れる時のちょっとしたコツをお届けします!

まずこの写真、ポイントはパンツ。よく見るとジョギングなんかをするときのジョガーパンツなんです。ジョガーパンツといわれるまで気がつかないこのモードな仕上がり。

「はき方」のコツは二つ。

ジャストウエストラインではくのではなく、あえて少し落として腰のやや上辺りではいてみる。まずこれで、いわゆる「ジョガーパンツ」のシルエットを少し崩すことができ、ぴったりではなく「ゆるさ」がでて、それがこなれ感につながって行くんです。

もう一つは、紐(ひも)はパンツの中に入れずに、あえてダラッと外に出しておく。

紐を「あえてデザインとして取り入れている感」をだしながら外に出すと、この紐がデザインポイントに昇華されるんです。そう、ジョガーパンツがデザインの入ったお洒落(しゃれ)パンツに早変わり。

またもしもう少しチャレンジするのであれば、靴にもこだわるとより洗練が加わります!

スポーツ用のパンツだから、合わせる靴もスニーカーなどスポーツウェアを合わせがちてすが、あえてここは彼女のようなとんがりブーツであったり、ちょっとヒールのある靴を合わせてみるのがおすすめです。

モードな要素を靴元で持ち込むことで、スポーツxモードという、ファッション上級者のお得意とする「テイスト・ミックス・スタイル」になるんです。

いつも運動ではいてるパンツ。スポーツ以外でも活躍させることが出来たら一石二鳥のお役立ちアイテム!

新しい服を買うのもいいけど、今ある服をさらに活かしてファッションをよりお得に楽しんでくださいね!

ではでは今日はこの辺で。
お相手はシトウレイでした、またね!

文・写真 シトウレイ


  •    

    「かっちり感」なくすには? 「こなれ」の作り方
       

       

    「かっちり感」なくすには? 「こなれ」の作り方


       


  •    

    遊び心は残しつつ、「きちんと感」があるスタイル
       

       

    遊び心は残しつつ、「きちんと感」があるスタイル


       

  • PROFILE

    シトウレイ

    shitorei-sukinafu-kuniaufuku
    日本を代表するストリート・スタイル・フォトグラファー、ジャーナリスト。
    毎シーズン、世界各国のコレクション取材を行い、独自の審美眼で綴られる言葉と写真が人気を博している。
    ファッションにおける感性の高さと分析力で講演や執筆、テレビやラジオ出演、商品プロデュースやコンサルタント等、ジャンルを超えて活動。
    ストリートスタイルの随一の目利きであり、「東京スタイル」の案内人。
    また彼女自身のセンスも、ストリートフォトグラファーの権威「The Sartorialist」の著書で特集を組まれる等、ファッション・インフルエンサーとしても活躍中。

    STYLEfromTOKYO

    著書:
    東京ストリート写真集「STYLEfromTOKYO」
    (discover21刊)
    東京ガイド「日々是東京百景」
    (文化出版局刊)

    「かっちり感」なくすには? 「こなれ」の作り方

    トップへ戻る

    遊び心は残しつつ、「きちんと感」があるスタイル

    RECOMMENDおすすめの記事