上間常正 @モード

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

マリアノ・フォルチュニ(1871~1949年)は20世紀の初めごろ、ファッションの流れに大きく影響するような服を作ったデザイナーだった。今では一般にその名を知る人が少ないのは、活動の拠点がパリではなくイタリアのヴェネツィアだったこと、しかしもっと大きな理由は、彼の多方面にわたる桁外れの多才な活動が十分には理解されてこなかったからだろう。東京・丸の内の三菱一号館美術館で開かれている「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」を見て、そのことがよく分かった。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」の会場

フォルチュニは1871年、スペインのグラナダ生まれ。父親はカタルーニャ人の有名な画家で、母親はスペイン屈指の名門芸術家の家系の出だった。だが彼が3歳の時に父親が早世、母親の兄弟がいたパリに移住し、10歳から画家のアトリエに入って本格的に絵画を学んだ。17歳の時に健康上の理由で転居したヴェネツィアが、生活と創作活動の終生の場となった。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

マリアノ・フォルチュニ

絵や版画に取り組みながら、ワーグナーに傾倒してオペラの舞台装置の設計・制作や舞台衣装のデザインにも力を注いだ。それを機に、布地や染色を研究してテキスタイルのプリント工房を作り、1906年に「クノッソス」と名付けたショールを、次いで翌年にプリーツを施したファッション史に残るドレス「デルフォス」を発表した。また、10代の頃から続けた写真でも並みならぬ才を発揮した。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

デルフォスの初期スタイル (左:神戸ファッション美術館蔵/右:島根県立岩見美術館蔵)

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

「路地の眺め、ヴェネツィア」(フォルチュニ撮影) フォルチュニ美術館 ©︎Fondazione Musei Civici di Venezia-Museo Fortuny

展覧は会場を七つに分けて、フォルチュニのこうした多彩な創作の足跡とその意味を紹介している。

最初の会場では、当時のヴェネツィアの写真や父親の絵などが、彼の創造性についてのヒントを与えてくれる。彼自身が“本職”と思っていた絵画は、動的な構図や光の投射による色の強調の仕方から、ルネサンス後期から続いたヴェネツィア派絵画の伝統、そして18世紀のロココ美術の奔放で官能的な息吹も感じ取れる。

オペラをめぐる絵や舞台衣装、そして舞台装置の詳細な設計図や当時の実物写真などの展示では、彼が初めて考案した間接照明や光がパノラマのように広がる、照明装置の独創的な先進性に驚かされる。この装置はヨーロッパ各地の劇場でも競って採用されたという。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

フォルチュニがデザインを手がけたデスクランプ(1925年) ©︎Fondazione Musei Civici di Venezia-Museo Fortuny

展示のハイライトともいえる多くのデルフォスと染織生地は、まずその多彩さに驚かされる。デルフォスは絹タフタのドレスやチュニックで、1896年にギリシャのデルフォイの神殿近くで出土したブロンズ彫刻≪デルフォイの御者≫へのオマージュが込められている。白の薄い絹サテンに、黒とアイボリーのプリントが施された豪華なショール。どちらも形は単純で平面的だが、プリーツ加工された軽い布が、体に沿ってゆったりと光の陰影がきらめく。

デルフォスは、それまでのウエストをコルセットで不自然に締め付けた服から、女性の体を解放した。ファッションの歴史で画期的だったが、それ以上に重要だったのは、独自に開発した型染めによって手間のかかる装飾をせずに、無限のバリエーションを生み出せることだった。絹だけでなくベルベットのような厚めの素材でも同じで、結果として服が軽く動きやすくなり、価格もより安くなった。ベルベットの服は、一見では重厚な織り模様に見え、プリント柄とはとても思えないほどなのだ。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

フォルチュニ「バラ色の衣装のための習作」(フォルチュニ美術館蔵)。デルフォスを着た、フォルチュニの妻アンリエット ©︎Fondazione Musei Civici di Venezia-Museo Fortuny

もう一つの特徴は、服だけでなく、フォルチュニの作品は過去の時代の文化や芸術作品の資料、彼自身の旅などによる体験の蓄積がもとになっていることだろう。彼の写真作品の展示を見ると、写真はそうしたことの記録でもあったことが分かる。創造性は、その膨大な過去のデータから何を選び出して編集するかにかかっていて、彼はその点で傑出していた。そしてもっと言えば、こうしたやり方は100年後のいま求められている現代性と共通しているのだと思う。

忘れかけていた偉大な芸術家、マリアノ・フォルチュニの現代性

ヴェネツィアのフォルチュニ美術館での展示例 ©︎Fondazione Musei Civici di Venezia-Museo Fortuny

会場を全部見終えると、フォルチュニは画家、舞台芸術家、写真家だけでなく発明家、科学者でもあるジャンルを超えた総合芸術家だったことが分かる。そしてファッションについては、100年前だったことで生地が自然素材に限られていたことが、かえって今後への示唆ともなっている。科学技術による機能的な新素材は今後も発達するだろうが、普通の服の素材としてはどうなのか。いくら機能的でも、レースの後は一刻も早く脱ぎたくなるような高速水着や、決まった時間しか着られない耐火服や防護服みたいでは困るのだ。

今回の展覧会は、ヴェネツィアのフォルチュニ美術館の全面的な協力によってフォルチュニの業績を豊富な資料と実作品で示す、画期的な内容になっている。そして近・現代の産業社会が行き詰まりを迎えている中で、あるべき「現代性」とは何かについて多くを語っている。

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展
2019年7月6日(土)〜10月6日(日) 月曜休館
三菱一号館美術館
東京都千代田区丸の内2-6-2
https://mimt.jp/fortuny/

PROFILE

上間常正

ジャーナリスト、ファッション研究者。1972年、東京大学文学部社会学科卒、朝日新聞社入社。記者生活の後半は学芸部(現・文化くらし報道部)で主にファッションを担当。パリやミラノなどの海外コレクションや東京コレクションのほか、ファッション全般を取材。2007年に朝日新聞社退社、文化学園大学・大学院特任教授(2019年3月まで)としてファッション研究に携わる。現在はフリーの立場で活動を続けている。

多彩で奥深い伝統技術とITの融合 インドファッションの未来性

トップへ戻る

世界を席巻する、日本の現代的な「木馬」のリボン

RECOMMENDおすすめの記事