おんなのイケ麺

「イタリーノ」のナポリタン  柴田聡子さん 

「イタリーノ」のナポリタン   柴田聡子さん 

「イタリーノ」のナポリタン

学生時代とその後数年間、横浜に住んでいて、伊勢佐木町周辺のシャンソンバーでバイトをしていました。横浜に詳しい店主やお客さんがいて、イタリーノのナポリタンを薦められたのがきっかけです。

味はケチャップよりも、ミートソースっぽい。具はアサリとエビのシーフード。太麺で、ソースがよく絡みます。巻けるだけ巻いて、大口でぱくっと。粉チーズとペッパーソースを出してくれますが、私は粉チーズ一徹。家では遠慮してあまりかけないのですが、イタリーノでは全てを忘れ、粉チーズを振っては食べ、振っては食べていました。

銀色の皿に盛られたナポリタンを、銀色のステンレスのフォークで食べるのも、「デカ盛り」を食べきるのには最高。麺を巻く時の、ギリギリギリっていう音でワイルドな気持ちになってきて、食欲が湧いてくるんです。

あの辺りは繁華街で、夜に比べて昼はすごく静か。ランチに並んでいる人や、他のバーの人が昼間にぷらぷらしているのを見ると、町の別の顔を見ているようでした。今でもたまに食べたくなると、横浜を思い出します。

    ◇

「イタリーノ」 横浜市中区福富町仲通3の4(電話045-261-6721)。850円(税別)。正午~午後2時半、5時~9時(土曜は3時半~9時半、終了時間はいずれもラストオーダー)。日曜休み。

PROFILE

「イタリーノ」のナポリタン   柴田聡子さん 

柴田聡子さん

しばた・さとこ ミュージシャン、詩人。1986年、札幌市生まれ。10月23日にライブCD「SATOKO SHIBATA TOUR 2019 “GANBARE! MELODY” FINAL at LIQUIDROOM」を発売予定。

「金蠍(きんかつ)」の汁あり金胡麻担担麺  望月理恵さん

トップへ戻る

「茂美志(もみじ)や」ののっぺいうどん 奥村旭翠さん

RECOMMENDおすすめの記事