朝日新聞ファッションニュース

茶系が放つエレガント 秋の着こなし、人気セレクトショップの提案

おしゃれの楽しい季節がやってきた。人気セレクトショップに、この秋おすすめの着こなしを聞いた。ジャケットなどかっちりしたアイテムを、茶系や深みのある色でシックに。エレガントなスタイルが流行の兆しだ。(松沢奈々子、神宮桃子)

重めの色を合わせ大人っぽく

茶系が放つエレガント 秋の着こなし、人気セレクトショップの提案

(左)トゥモローランド(右)ユナイテッドアローズ

トゥモローランドがすすめるのは、茶系のジャケットスタイルだ。大ぶりなチェック柄のジャケットに、ベージュのコーデュロイパンツを合わせる。ハイウエストで裾にスリットが入ったパンツが旬。中にはネイビーのボウタイブラウス。茶系のコーディネートはカジュアルになりがちだが、「重めの色のブラウスを選ぶと大人っぽくエレガントな着こなしができます」とPRの金竹麻姫(きんちくあさき)さん。

茶色とスモーキーなピンクの小ぶりなバッグに、足元はベージュのブーツを合わせた。他にも暗めのボルドーや、青みがかったグリーンのアイテムを豊富にそろえているという。プリーツスカートも人気で、「揺れ感のあるものをとり入れて、かっちりした中にも女性らしさを」とアドバイスする。

ユナイテッドアローズが提案するのは、クールで知的なムード。フィービー・ファイロがデザインしていた頃のセリーヌや、ジル・サンダーのように、人気が続くクリーンなスタイルを推す。青山ウィメンズストアの竹下智子さんは、胸にポケットがついたシャツジャケットを、パンツとセットアップで着た。

メンズのスーツ生地に使われるようなウールのストライプで、知的な印象のネイビーがポイント。きれいめな靴を合わせて大人の女性の着こなしに。「オーバーサイズでも、ある程度上品に、トラッドに見えることが大事」と竹下さん。ショップ袋のような形のミニバッグを合わせ、遊び心もとり入れた。

ジャケットにモダンさプラス

茶系が放つエレガント 秋の着こなし、人気セレクトショップの提案

(左)インターナショナルギャラリービームス(右)アーバンリサーチ

メンズも、エレガントなスタイルが主流のようだ。

インターナショナルギャラリービームスのショップスタッフ岸田雅裕さんは「最近はストリートウェアやルーズフィットの服が続いていたが、今季はがらっと変わった」と言う。この秋はロックやパンクといった音楽の要素の強いものが多く、パンツのシルエットも細身や裾が広がったものが多い。

おすすめは、本革のノーカラーのダブルジャケット。つやのあるボタンや、チーフが入れられる胸ポケットがついてエレガントな印象だ。私物の千鳥格子柄のパンツを合わせ、中には光沢のあるドレスシャツと古着のベストを重ねた。これまでのボリュームのあるスニーカーにかわる足元のアイテムは、先のとがったヒールブーツだという。

アーバンリサーチのテーマは、クラシック&モダン。ジャケットなどの正統派アイテムに、素材や色の組み合わせでモダンさをプラスすることがポイントだという。

プレスの柳堀佑太さんが着たのは、ナチュラルな色みの白いワークジャケットとパンツのセットアップ。中には茶色のタートルネックを合わせた。「秋冬に着る白で、新鮮さが出る。茶色など秋らしい色みを組み合わせると、とり入れやすい」と話す。

セットアップやチェック柄が人気 @東京・表参道

茶系が放つエレガント 秋の着こなし、人気セレクトショップの提案

(左から)1、2、3

街の人々の着こなしはどうか。9月下旬、東京・表参道で探った。残暑が続いていたが、茶系のアイテムやセットアップ、チェック柄などで秋らしさをとり入れる人がいた。

深みのあるボルドーのダブルジャケットとパンツが目を引いたのが、都内の専門学校生、佐野菜々子さん(19)=[1]。口紅と目元も同系色を使った。「この秋はきれいめが良い。セットアップがはやっているので、二つ買いました」。レースのブラウスを合わせ、レトロでロマンチックな要素も。レースアップシューズ、ベルト、バッグと小物を黒でそろえてまとめていた。

滋賀県在住の大学生、中辻香苗さん(22)=[2]=はキャメルのダブルジャケットに、パンツも茶系。どちらもジーユーで、中の白Tシャツはユニクロだという。「今季は茶系がはやっている。何にでも合わせやすい色。ピンクのパンツなども合わせてみたい」。マスタードイエローのコンバースと、ゴールドのピアス、そして金の髪色。全体の色のバランスが絶妙だった。

茶系とチェック柄が見事にそろった2人組を見つけた=[3]。都内の会社員、鈴木隆成(りゅうせい)さん(22)は、チェック柄の上着とパンツ。「店でも雑誌でも、セットアップをよく見かける」と言う。

アルバイト戸倉嶺菜(れいな)さん(21)は、透け感のある黒いリボンブラウスと、茶系のチェック柄で、ところどころにプリーツが差し込まれたジャンパースカート。「ロマンチックなスタイルが好き」。2人とも、黒のバッグや靴でコーディネートを引き締めていた。

東京発、一足早くしなやかな風 有力ブランド、20年春夏新作発表

トップへ戻る

環境と創造性と、力強く 20年春夏パリ・コレ

RECOMMENDおすすめの記事