update beauty

ヌード肌の味方、コンシーラー

ここ数シーズンのビューティートレンドのひとつで、実際に取り入れるのにハードルが高いのは、「ヌード肌」だろう。ツヤでもマットでもなく、素肌のような肌だ。

ヌード肌の味方、コンシーラー

(左)ステラ・マッカートニー(右)ニナ・リッチ <いずれも大原広和氏撮影>

2019年秋冬コレクションでも「ステラ・マッカートニー」や「ニナ・リッチ」は、クラシックなテイストを織り交ぜたボリューミーなスタイルにヌードな肌メイクで目元や口元のポイントメイクは控えめ。リラックスムードのあるモダンな印象を演出した。

ともすれば手抜き感が出てしまう、ヌードな肌。年齢を重ねれば当然見せたくない部分が多々あるからと、カバー力の高いファンデーションをさらに厚く塗り重ねる人も多そうだ。

そこで活躍するのは優秀なコンシーラー。見せたくないシミやクマ、毛穴やニキビ跡だけをしっかり隠している! バレてしまいがちな境目もなじんで自然に見える。あら不思議! 仕上げは、パウダーか薄づきのファンデーションを少量はたくだけで、今シーズンらしい「ヌード肌」に。テクニックとしては、ごく少量を隠したい部分の中心に置き、ポンポンと指で境目を軽くたたいて広げるといい。

オススメは、13色展開で肌になじむ色が見つかりやすく、長時間崩れにくい「シュウ・ウエムラ」のアンリミテッド・コンシーラーや、新ブランド「グリッド」のカラーコントロールコンシーラー。しっかりとカバーするのに、周りの肌と溶け込むようにしなやかな仕上がりになる。

(ファッション・ビューティージャーナリスト 松田アヤノ)

一歩手前のリップで、秋への助走

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事