花のない花屋

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

〈依頼人プロフィール〉
安川真未さん 32歳 女性
東京都在住
会社員

     ◇

もうかれこれ25年以上仲がいい親友がいます。出会ったのはなんと幼稚園のとき。同じ小学校、中学校に通いましたが、同じクラスだったのは数年だけです。高校からは別々で、私は社会人になってすぐ東京へ出てきてしまったので、しょっちゅう会えるわけではありませんが、それでも実家に帰省するたびに顔を合わせています。私の中で親友と呼べるのは彼女だけです。びっくりしたのは、なんと私たちの祖母も親友だったと母から聞いたとき。不思議なご縁です。

趣味が同じというわけでもなく、なぜこんなに仲がいいのかわかりませんが、彼女は幼稚園の頃からとても穏やかな性格でまじめ。他人の悪口を言うことは決してなく、本当にできた人間です。ケンカをしたり、険悪なムードになったりしたことは一度もなく、彼女に会って話をするだけで、とても心が安らぎます。彼女の存在にどれだけ救われてきたかわかりません。

いまでは何がきっかけか覚えていませんが、私が中学校で不登校になりかけ、転校を考え始めたときも、親身になって心配し、助けてくれたのは彼女でした。転校の話までしたのは、母親と彼女にだけです。

会社員として地元で働いている彼女は、2年ほど前にすてきな男性と結婚しました。それまで男性の話はあまりしなかった彼女ですが、後に旦那さまとなる彼のことは少し聞いていました。実際に会うと、やさしそうな、さわやかな方でとてもお似合いです。ステキなパートナーを見つけて、心からよかったなと思います。

気がつけば出会って長い年月が流れてしまいましたが、これまで面と向かって彼女に「ありがとう」を言ったことがありません。そこで、これまで親友でいてくれてありがとうという気持ちと、これからも末永くよろしくねという気持ちを込めて、かけがえのない存在である彼女に花束を送っていただけないでしょうか。

かわいいものが好きで、穏やかな性格の彼女には、淡いピンクや白がよく似合います。バラも好きなようですが、大ぶりのものよりも小さいものの方が合うかもしれません。パステルカラーのお花で私たちの友情を表してもらえるとうれしいです。

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

花束を作った東さんのコメント

こういった親友への花束というのもいいですね。ハッピーなお花なので、思いっきり華やかに、ふっくらとまとめました。

小ぶりなピンク色の花が似合うとのことでしたので、全体的にお友達のイメージに沿ってアレンジしています。使用した花材は、スプレーバラ、クルクマ、アスター、ネリネ、ピンクのスターチス、デルフィニウムなど。デルフィニウムは水色が多いのですが、今回はピンクを使用しました。フジバカマはまだつぼみのものが多いですが、これからどんどん開いてくるはずです。

時間の経過とともにどんどん変化する花束ですので、今回は少し余裕を持って長めに挿しています。花にボリュームがある分、ボトムはシンプルにアセボで締めました。

どうかこれからもお二人の友情が続いていきますように。

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

(&編集部/写真・椎木俊介)

>>これまでの「花のない花屋」をまとめ読み


  •    

    動かなくなっていく体 ALSと闘う彼女に、希望の花束を
       

       

    動かなくなっていく体 ALSと闘う彼女に、希望の花束を


       


  •    

    お見合いで出会って35年「ずっとそばにいてほしかった」突然亡くなった夫へ感謝の花束を
       

       

    お見合いで出会って35年「ずっとそばにいてほしかった」突然亡くなった夫へ感謝の花束を


       


  •    

    言えなかった「絶対治るよ!」 私の分も母を支えた妹へ
       

       

    言えなかった「絶対治るよ!」 私の分も母を支えた妹へ


       

  •      ◇

    「&w」では、読者のみなさまから「物語」を募集しています。
    こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。
    花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。
    詳しくは応募フォームをご覧のうえ、お申し込みください。

    フラワーアーティスト・東信 (あずままこと)

    しょっちゅうは会えないけど…… かけがえのない親友へ

    1976年生まれ。
    2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして、ニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジル等、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。
    作品集に「ピエール・エルメ サティーヌ」「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERSII 植物図鑑」(ともに青幻舎)など。

    facebook

    instagram

    http://azumamakoto.com/

    動かなくなっていく体 ALSと闘う彼女に、希望の花束を

    トップへ戻る

    募る後悔。なんで最期くらい、優しくなれなかったんだろう

    RECOMMENDおすすめの記事