おんなのイケ麺

「茂美志(もみじ)や」ののっぺいうどん 奥村旭翠さん

「茂美志(もみじ)や」ののっぺいうどん 奥村旭翠さん

「茂美志(もみじ)や」ののっぺいうどん

大阪の人間ですからね。麺といえば、やっぱりおいしいお出汁(だし)のうどん。もちろん大阪においしい店はたくさんありますけど、このあんかけ汁ののっぺいうどんは別枠で。素朴な味が癖になって「滋賀の長浜」と聞けば食べたくなる。近くに行く時は必ず寄ります。

姉弟子の地元が長浜の近くでね。30年くらい前に、店の2階で土地の人を交えて宴会をした時に、皆が「締めは絶対のっぺいうどんだ」って頼んだのが最初。15センチはありそうなでっかいシイタケが「でん」とのった見た目に衝撃を受けましたよ。くずでとろみをつけたショウガ風味の出汁は、とにかく熱くてすぐには食べられないけど、冷めるまで待つなんてできません。お椀(わん)によそいながら少しずつ食べて、でもシイタケにはかぶりつきますね。夏に食べたときは、毛穴という毛穴から汗が噴き出しそうなくらい熱かった。

演奏前は、食べ過ぎると声が出なくなるから、するする入る麺類がちょうどいい。琵琶は敷居が高く感じられがちですが、琵琶ほど素朴な楽器はないと思います。題材も素朴な歴史物語。気軽に楽しんで聞いてほしいですね。

    ◇

「茂美志(もみじ)や」 滋賀県長浜市元浜町7の15(電話:0749-62-0232)。1100円。午前10時半~午後6時。祝日を除く火曜休み。

PROFILE

「茂美志(もみじ)や」ののっぺいうどん 奥村旭翠さん

奥村旭翠さん

おくむら・きょくすい 筑前琵琶奏者、人間国宝。普及や弟子育成にも尽力する。5日、大阪・国立文楽劇場で若手奏者と共演する「光の会」。6日に福岡・久留米座で、12月22日に東京・紀尾井ホールで演奏会。

「イタリーノ」のナポリタン  柴田聡子さん 

トップへ戻る

「ニコラ」のピスタチオのペンネ 窪美澄さん

RECOMMENDおすすめの記事