オトコの別腹

「一幸庵」のわらび餅  中村梅丸さん

「一幸庵」のわらび餅  中村梅丸さん

「一幸庵」のわらび餅

4歳ごろまで一幸庵さんの近所に住んでいました。家族で食後に頂くことがあって、今もこれを食べると、懐かしい気持ちになります。手間をかけた丁寧な味わいで、お餅部分も素材の自然な柔らかさ。他では味わえない食感です。中のこしあんはどこまでも軽やかですが、満足感もちゃんとある。僕があんこ好きを自覚したのは、このお店がきっかけです。たっぷりのきなこも調和しています。

一般家庭の生まれですが、幼いころから歌舞伎を見るのが好きでした。歌舞伎座では人形焼きの売り場で、窓ガラスに張り付いて実演を見ていました。7歳になると毎週末、今の師匠(中村梅玉)の楽屋に遊びに行かせてもらえるようになりました。両親が手土産を持たせてくれましたが、師匠は甘い物が苦手。それでも一口食べて「ありがとう」と。

僕は「まるる」の愛称で呼んで頂くことがありますが、昔は顔もまん丸。このわらび餅のような丸い物を食べていると、からかわれました。この度師匠の養子となり、11月の公演からは莟玉(かんぎょく)に名を改めます。公演後はほっと一息、甘い物を口にしたいです。

    ◇

「一幸庵」 東京都文京区小石川5の3の15(電話03-5684-6591)。432円。夏季と12月31日~1月は販売休止。午前10時~午後6時。原則日曜、祝日、休日と第1・3月曜休み。

「一幸庵」のわらび餅  中村梅丸さん

中村梅丸さん

なかむら・うめまる 歌舞伎俳優。11月1日~25日、東京・銀座の歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」で、初代中村莟玉披露狂言「菊畑」(夜の部)に虎蔵役で出演。

「パティシエ ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」のサバラン  中野裕通さん

トップへ戻る

「黒松本舗草月」の黒松  白石和彌さん

RECOMMENDおすすめの記事