とっておきのお福分け

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」招待券を10組20名様に

朝日新聞デジタル&w「とっておきのお福分け」では、ライフスタイルを豊かにする手がかりとして、編集部で厳選したすてきな読者プレゼントをお届けします。

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」招待券を10組20名様に

2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)まで、「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」が東京都現代美術館で開かれます。この展覧会の招待券を10組20名様にプレゼントします。

デザイナーの皆川明さんが設立したブランド、ミナペルホネン。流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けてきました。

皆川さんがミナペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995年。「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。そのたゆまぬ歩みは、展覧会の会期中である2020年に25周年を迎えます。

本展覧会の「つづく」というタイトルは、文字通りブランドの時間的な継続性を示すものですが、それだけでなく、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーを想起させる言葉でもあります。

多義的な意味をもつ「つづく」をキーワードに、本展覧会では、生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川さんの挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示されます。

ミナペルホネンと皆川さんのものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する本展覧会は、私たちの日常生活やその先にある社会の仕組みについて新たな視点と示唆をもたらすことでしょう。

■ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
会期:2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)
(月曜日、12/28~1/1、1/14は休館=1/13は開館)
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
会場:東京都現代美術館 企画展示室3F
東京都江東区三好4-1-1

前売券(一般1300円)は11月15日(金)までセブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、ミナ ペルホネン直営店などで販売中。
※皆川さんが朝日新聞のコラム「日曜に想う」のために描いたイラストのポストカード(非売品)3枚がセットになったポストカードセット前売券(一般1800円)は、セブンチケット、チケットぴあで数量限定販売。

>>ご応募はこちら(締め切りは11月13日です)

応募の条件は、下記の通りです。
1.応募時のアンケートにご回答ください。
2.「&w」のTwitter、Facebook、Instagramいずれかのアカウントをフォローして、プレゼントキャンペーン投稿のリツイート(シェア)をお願いいたします。

※抽選に際しては、条件に同意のうえ不備なく応募してくださった方を対象といたします。
※応募後の取り消し、およびお問い合わせはお控えください。
※応募者多数の場合は厳正な抽選により当選者を決定します。発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※当選された方にはプレゼントの発送先のご住所を入力していただきます(日本国内のご住所のみの対応とさせていただきます)。ご住所の入力がない、もしくはご住所に間違いがあり商品が送付できなかった場合は、当選を辞退されたとみなし発送を停止させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※当選の権利を他人に譲渡することはできません。

「&w」読者プレゼント「とっておきのお福分け」

>>【応募は11/30迄】世界一のシェフの家庭料理レシピ本『ファミリー・ミール』を5名様に
>>これまでのお福分けを見る

この記事をシェアしよう!
>>応募はこちらから

【試写会プレゼント】ボブ・ディランの数々の名曲に乗せて贈る、映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』

一覧へ戻る

【レシピ本プレゼント】世界一のシェフが、家庭料理の秘密を本に『ファミリー・ミール』

RECOMMENDおすすめの記事