高山都の日々、うつわ。

#9 器を買いに。

 
#9 器を買いに。

久しぶりに休みの取れた休日、東京の骨董(こっとう)市に出かけた。
最近は旅先で器を買い求めることが多かったのだけれど、
たいていは撮影の合間に器店や工房をのぞく程度。
直感を頼りに偶然の出会いを楽しむのもいいけれど、
たまにはゆっくりと器と向き合ってみたいと思ったのだ。

朝9時。
骨董市はすでに大勢の人でにぎわっていて、
外国のアンティーク雑貨を並べる店や
古い着物を売る店など、
器以外にも面白そうなものがたくさん。
どこから見て回ればいいのか、一瞬、立ち尽くしてしまった。

でも、今日は直感頼りの買い物はおあずけ。
昨日じっくりと家の食器棚を見て、
今、我が家に迎えたい器はどんなものか、考えてきた。

まずのぞいたのは、フランスのアンティーク食器を売るブース。
昨夜、食器棚を見ながら気づいたのだけれど、
これまでは鮮やかな色のものや、
力強い土の手触りを感じる器に強く惹(ひ)かれていた。

#9 器を買いに。
#9 器を買いに。

でも最近、料理をする時間が多くなって、
だんだんと盛り付けに興味が湧き始めた。
真っ白な器をキャンバスに見立てて、
色とりどりの食材を盛り付けていく。
その作業が楽しくて、もっともっと勉強したい。
それで、白の中でもどこか優しい表情のある
フランスのアンティーク皿が欲しいと思ったのだ。

どんな幸運か、1軒目のお店で思い描いていた通りの大皿に出会った。
柔らかい白に、
年月を経てきた証しのキズ、貫入(かんにゅう)が美しく入ったお皿。
たおやかに波打つような縁のデザインが女性的で、
一目見て惚れ込んでしまった。

次に目に留まったのは、
店先のボックスに無造作に入れられた古伊万里の蕎麦猪口(そばちょこ)。
江戸時代のものだそうだけれど、どれも絵付けが個性的で面白い。
骨董の知識が乏しくて、
さてどうしたものかと迷っていたら、
店主が「最初は自分が好きな柄を選べばいいのよ」と声をかけてくれた。

それにね、と続ける。
「蕎麦猪口だからって、使い方を限定する必要はないの。
コーヒーを入れたってしゃれてるし、小鉢にしたっていい。
自分の好きなように使えばいいのよ、器なんて」

#9 器を買いに。
#9 器を買いに。

「骨董」という言葉に身構えていた心が、すっと軽くなった。
と同時に、私だったらどんな風に使おうかなと
どんどんイメージが膨らんでくる。

我が家の先輩器たちの表情を思い浮かべると、
自然とひとつの蕎麦猪口に手が伸びていた。

白地に紺の小花柄のような模様。
和柄なのだけれど、どこか北欧デザインのようなたたずまい。
これなら家の洋食器にも和食器にもしっくりなじみそう。
盛るお料理によって、その雰囲気を自在に変えてくれそうだ。

そう話すと、店主は「そう、その調子」と笑って、
丁寧に蕎麦猪口を包んでくれた。

器というのは、それだけではただのモノだ。
そこに料理を盛って食卓に出し、食べる。
そのすべてがあって初めて、器は器になる。
器に熱を上げ過ぎた私は、そのことを少し、忘れていたのかもしれない。

ずっしりと重くなったリュックを背負って帰るあいだ、
頭の中には、あんな料理やこんな料理、
作りたいものがどんどん浮かんできた。
新しい器との出会いが、また新しい楽しみを運んでくれたのだ。

#9 器を買いに。

今日のうつわ

アンティークのマドレーヌ型
外国の古い雑貨を扱うお店で見つけたクラシカルなマドレーヌ型は、形が色々あってすごく可愛い。お菓子作りはあまり得意じゃなくて二の足を踏んでいたけれど、この出会いを機に始めてみようかなと購入。迷いに迷ったけれど、ゼリーの型にも使えそうな円形の花柄を四つ選びました。道具から始まる料理があっても、それはそれですてきじゃない。

    ◇

写真 相馬ミナ 構成 小林百合子

PROFILE

高山都

モデル 1982年、大阪府生まれ。モデルやドラマ、舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広い分野で活躍。フルマラソンを3時間台で完走するなどアクティブな一面も。最近は料理の分野でも注目を集め、2作目となる著書『高山都の美 食 姿2』では、背伸びせずに作る家ごはんレシピを提案。その自然体なライフスタイルが同世代の女性の共感を呼んでいる。

高山都の日々、うつわ。

丁寧に自分らしく過ごすのが好きだというモデル・女優の高山都さん。日々のうつわ選びを通して、自分の心地良いと思う暮らし方、日々の忙しさの中で、心豊かに生きるための工夫や発見など、高山さんの何気ない日常を紡ぐ連載コラム。

バックナンバー

#10 あたらしい器、いつもの料理。
#8 秋を飾る。
#7 おひつがくれた小さなしあわせ。
#6 カップの数だけ、いい時間がある。
#5 お弁当づくりから学んだこと。
#4 旅と器のいい関係。
#3 夏の麺と沖縄のガラス。
#2 雨の日の花しごと。
#1 青いプレートとジャムトースト。

 
【インタビュー】


  •    

    高山都さんの手放した考え方と、新しく始めた習慣。
       

       

    高山都さんの手放した考え方と、新しく始めた習慣。


       

  • #8 秋を飾る。

    トップへ戻る

    #10 あたらしい器、いつもの料理。

    RECOMMENDおすすめの記事