このパンがすごい!

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に

昨年の麦フェスから。SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSEのパン

 11月24日、今年も、NPO法人新麦コレクション(私が理事長をさせてもらってます!)による、国産小麦の収穫祭「麦フェス」をやります!
 パン、ラーメン、ピッツァ、フレンチ。各界から名だたる小麦の使い手が集結。小麦のおいしさを堪能し、それを生みだす日本の大地に思いを馳せるお祭りです。

 昨年の第1回は、満員札止め300人以上の方にお集まりいただきました。ラーメン好きの人が「パンってうめー!」と顔をほころばせ、パン好きの人が「ラーメンってこんなにおいしかったのね!」と再発見。小麦のおいしさに境界線はないことに気づき、作り手も、食べ手も、感動してしまったという次第です。
 そんな流れを受け、今年は会場の規模を拡大、店舗数も大幅増、炭水化物三昧の1日を楽しんでいただけるようになりました!

 新麦パン販売ゾーンには全国から11店舗出店! 主催者なんてやりたくありません、本当は私自身が買いまくり、食べまくりたいんです。それぐらいすごいお店に全国からお集まりいただきました!

福岡名物「明太フランス」は、夕方から登場!

 パンがいまめちゃくちゃ盛り上がっている福岡から、「パンストック」+「マツパン」の行列師弟コンビが上京! 福岡のおいしい新麦を使ったパンを持ってきてくれます。

 目玉は昨年も大人気だった「明太フランス」。これを目当てに行列ができる、まさに「福岡名物」を東京で食べられるまたとないチャンス! しかも会場内であたため、あつあつを提供します! 夕方以降に登場するので、会場内で販売されるナチュラルワインやビールといっしょにいかがでしょうか?

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に

パンストックの明太フランス

 他に、CICOUTE BAKERY(チクテベーカリー)(南大沢)、ビーバーブレッド(東日本橋)、SHŌPAIN ARTISAN BAKEHOUSE(ショウパンアルティザンベイクハウス)(栃木・那須塩原) 、soil by HOUTOU BAKERY(神奈川・横須賀)、発酵所(群馬・太田)、パーネ エ オリオ(護国寺)、クロフトベーカリー(群馬・前橋)、blanc(虎ノ門) 、チェスト船堀(船堀)と、この連載「このパンがすごい!」にご登場いただいたお店ばかり。全国のすごいパンを一度に味わえるのです! 

国産小麦パン時代のリーダー、麦男4人の「隠しメニュー」も!

 パンといえば、会場内で行われるワークショップも豪華な面々が顔を揃えました。栄徳剛(ブラフベーカリー/横浜) 、杉窪章匡(365日15℃ジュウニブンベーカリー/代々木八幡・新宿) 、片根大輔(カタネベーカリー/代々木上原)、原田浩次(パーラー江古田)。「国産小麦パンの時代」を主導してきた麦男4人が、参加者の目の前で、この日限りの「隠しメニュー」を制作。作りたてを食べていただきます。

 たとえば、パーラー江古田・原田さんは、水餃子。麦の味が濃い、皮が主役の餃子を披露してくれるはずです(これも、ワインが進みそう!)。

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に

パーラー江古田・原田浩次さんによる水餃子

さらに小麦愛がぶつかり合う特別な一皿、“新麦麺”!

 パンだけではありません。ラーメン界を揺るがす(?)、想定外のコラボが実現しました! 神奈川・湯河原で朝7時から行列ができている「らぁ麺屋 飯田商店」(湯河原)、日本中の食材と小麦を操り芸術的な麺を生みだすアーティスト「饗 くろ喜」(浅草橋)による「特別な一皿“新麦麺”」をご提供(前売りチケットで優先購入が可能)! 巨匠同士の意地と意地、小麦愛と小麦愛の幸福なぶつかり合いが見られることでしょう!

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に

昨年の麦フェスから。らぁ麺屋 飯田商店の制作風景

 他にも、ナポリピッツァ世界大会で第1位に輝いたピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ(石神井公園)による「揚げピッツァ」、横浜の巨匠レストラン アルティザンによる「至高の麦フレンチ」など、すごいところを挙げていったら枚挙にいとまがありません! 「麦フェス2019」にぜひご来場ください!

全国の“すごいパン”が集結! 国産小麦の収穫祭「麦フェス」11月24日に
会場となる寺田倉庫TMMT

麦フェス2019
■詳細・チケット購入
https://mugifes.peatix.com/
■日時:2019年11月24日(日) 11時~19時(入場時間指定制)
(*最終入場19時まで、19時30分終了)
■会場:寺田倉庫TMMT
 東京都品川区東品川2-1-11
■参加費:前売りチケット 1500円(税込)
※必ず詳細をお読みください
※会場内のフードやワークショップは別途キャッシュオンとなります

PROFILE

池田浩明

佐賀県出身。ライター、パンの研究所「パンラボ」主宰
日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくるブレッドギーク(パンおたく)。編著書に『パン欲』(世界文化社)、『サッカロマイセスセレビシエ』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『人生で一度は食べたいサンドイッチ』(PHP研究所)など。国産小麦のおいしさを伝える「新麦コレクション」でも活動中。最新刊は『パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界』(ガイドワークス)

http://panlabo.jugem.jp/

ロックなベーカリ-の自由なタルティーヌとさくさくデニッシュ/BAKE&ROLL

トップへ戻る

このフォカッチャの断面を見よ! 永遠のパン飲み循環イタリアン/チッツィア

RECOMMENDおすすめの記事