きんゆう女子。お金の学校

<46>CASHLESS DAYイベントに参加してきました!

こんにちは。
金融ワカラナイ女子のためのコミュニティー「きんゆう女子。」を運営している鈴木万梨子です。

先日開かれた朝日新聞社のキャッシュレスイベントに、わたしたち「きんゆう女子。」も登壇させていただきました。

テーマは「キャッシュレス、半年使ってわかった “注意点とセキュリティー管理の大切さ”」です。これまでも新しいサービスについては、取捨選択して使おうとお伝えしてきましたが、今回のイベントではもう一歩進んで自分で自分の身を守るためにできる情報セキュリティーについてお話ししました。
情報セキュリティーというとなんだか難しそうな気がしますが、なりすましや不正利用、意図せず個人情報を使われるのを防ぐことといえばイメージできるでしょうか。また、万が一被害にあったとしても、すばやく正しい対応ができるように備えたいですよね。

今回のイベントでは、「きんゆう女子。」のメンバーにも参加していただき、より身近な事例を紹介してもらいました。

<46>CASHLESS DAYイベントに参加してきました!

デジタル社会だからこそ、知識や意識を高めておくことが重要

「セキュリティーの自己管理」や「リテラシー」、このような言葉を聞いてみなさんはどのようなイメージを持ちますか? 会社員の方は、なんとなく会社ではそういう管理をしっかりしている、そんな印象を持つかもしれません。

わたしも会社員時代は「間違ったメールアドレスをccに入れてしまわないように気をつける」といった個人情報に関する管理は注意していましたが、自分の日常に置き換えた時にはそこまで意識していませんでした。

でもこれからは、わたしたち個人の情報管理こそが重要になってきていると感じています。以前紹介した「<44>アフターデジタルな世界って想像できる?」でも触れましたが、すべてがオンラインでつながっていく現代社会では、自分自身の情報はもちろん、セキュリティーに関する知識や意識を高めておくことが大切です。とはいっても、肩ひじを張って構えすぎる必要はないと思います。

例えば……
・いま、どんなサービスを使っていて、どんな状況なのか?
・どんなことが起こり得るのか?
・そのときにどんな対応をしたら良いのか?
・起こらないように対策はできるのか?

こんな風に、身の回りに起こる可能性があることを考えるだけで、自然と気をつけるポイントが見つかってきますね。

自分自身を守る、セキュリティーの見直しを

登壇では、次の5つについてお話ししました。

(1)利用状況をリアルタイムで見える化
クレジットカードや銀行口座を使った場合にメール等で通知する設定にしておけば、身に覚えのない取引があってもすぐに気がつくことができます。不正利用やなりすましにいち早く気づくことで、被害を小さくすることができる可能性が高まります。

(2)3Dセキュアの設定
最近はカード会社が「3Dセキュア」という本人認証サービスを行っています。カード番号やカード裏面のセキュリティー番号に加えて、IDやパスワードを設定してセキュリティーを高めます。各カード会社のホームページなどから設定できます。

(3)パスワードの管理をしっかり
100%の正解があるわけではないのですが、少なくともオンライン上で誰でも見ることができる保管方法は避けましょう。パスワード発行ソフトなどで管理するのも、紙に書いて自宅に保管するのもいいですし、定期的に変更して使い回ししないことも大事です。

(4)細かな個人情報の設定
SNSやキャッシュレスアプリ、ポイント系サービスでは、サイト内に情報管理というメニューがあります。買い物や場所の履歴を記録してサービスに利用するというようなものです。自分が欲しいと思うサービスだけに設定し、不要なサービスへの情報提供は、目的がなければオフにしておくといいと思います。

(5)相談の仕方を知る
どんな対策をしていても、不正取引やなりすまし被害は完全には避けられないかもしれません。そんなときは、正しい窓口へいち早く被害を相談することが大事です。

例えば……
・国民生活センターの電話や窓口を知っておく
http://www.kokusen.go.jp/
・各事業者の問い合わせ窓口を知っておく(サイト内のFAQ:よくある質問から検索するパターンもあります)
・被害にあったらすぐに、警察や弁護士に相談する

実際に「きんゆう女子。」のメンバーにも、カード会社からの電話で海外での不正利用に気づいたケースがありました。
それ以外にも、知り合いから怪しい金融サービスの勧誘を受けたという声も。目新しい商品やサービス、金融商品には見えないものなど、思わず飛びついてしまいそうな話ほど注意してください。取引の前に財務局や金融庁の相談窓口へ問い合わせるのがよいでしょう。

■財務局 相談窓口
https://www.fsa.go.jp/ordinary/madoguti/zaimu.pdf
■金融庁 相談窓口
https://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html

このように、年に1度くらいは情報セキュリティーの自己管理やリテラシーを意識してみてはいかがでしょうか?

自分の状況をしっかりと整理整頓しておき、何かあったときのシミュレーションができていれば、「デジタルな世界はなんだか怖い」「新しいサービスがよくワカラナイからもやもやする」といった漠然とした不安から解放されるのではないでしょうか。

PROFILE

鈴木万梨子

TOE THE LINE Inc. 代表取締役社長。獨協大学外国語学部フランス語学科卒。新卒でH.I.S.に入社し、法人営業として団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当し、海外を中心に約8千人にツアーを提供。起業を目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。金融業界に入ったことでお金の知識のなさに衝撃を受け、「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月に起業し、Webサイトを立ち上げ本格的に「きんゆう女子。」をスタートさせる。旅と服をコーディネート・手配するサービス「FIT the Local」を企画準備中。

<45>寄付もお買い物もできるキャッシュレス

一覧へ戻る

<47>第5回「きんゆう女子。学院」を終えて〜前編〜

RECOMMENDおすすめの記事