オトコの別腹

「黒松本舗草月」の黒松  白石和彌さん

「黒松本舗草月」の黒松  白石和彌さん

「黒松本舗草月」の黒松

生地が変わっているんですよ。ふわふわしていて、カステラっぽい。ハチミツが少し入っていて、食べるとエネルギーが出る気がする。あんこはカッチリしすぎず、量も甘さも控えめ。大きさもちょうど良い。保存料は使っていないそうです。今まで食べたどら焼きの中で一番おいしいと思っています。

僕はこれを撮影現場に差し入れすることが多くて、最新作「ひとよ」の現場でも皆から好評でした。行きしなにデパートで買うんじゃなくて、朝一で東十条にあるお店へ行って、並んで買う。この行為がなんか良い。お店はいつ行っても繁盛しています。僕みたいに何十個と買う人もいれば、少しだけ買う人もいて。「近所の人なのかな」「毎朝2個だけ買いに来ているのかな」。そんな風に想像しながら待つ時間も楽しいんです。

普段からよく料理をします。家にお客さんが来るときは、何か作ろうと築地まで食材を買いに行くこともありますよ。僕は予算の上限を決めない料理が好きで、高いものばかり買ってくるから、家族に怒られちゃうこともあるんですけどね。

    ◇

「黒松本舗草月」 東京都北区東十条2の15の16(電話03-3914-7530)。129円。午前9時~午後7時。原則火曜休み。

「黒松本舗草月」の黒松  白石和彌さん

白石和彌さん

しらいし・かずや 映画監督。1974年生まれ。代表作に「凶悪」「孤狼の血」「日本で一番悪い奴ら」など。佐藤健主演の最新作「ひとよ」が11月8日から全国公開。

「一幸庵」のわらび餅  中村梅丸さん

一覧へ戻る

「アンリ・シャルパンティエ」のいちごのタルト  津田健次郎さん

RECOMMENDおすすめの記事