高山都の日々、うつわ。

#10 あたらしい器、いつもの料理。

 
#10 あたらしい器、いつもの料理。

先日、東京の骨董(こっとう)市で買ったあたらしい器。
しばらくすると、
しっくりと我が家に馴染(なじ)んで、
今では毎日に欠かせない存在になっている。

一目ぼれで持ち帰った
フランスのアンティーク大皿は、
大きなキャンバスのイメージで、
鮮やかな食材を盛り付けて楽しもうと思っていた。

もちろんそんな使い方でも
楽しんでいるのだけれど、
手に馴染んでくると、
また違った付き合い方も生まれてきた。

最近いいなと思っているのは、
友人が集まる食卓で、
パスタや焼きそばなど、
締めの麺類をどん、と盛る使い方。
けっこう男前な料理がのることも多いけれど、
繊細なたたずまいのこのお皿に盛ると
とたんに上品で、シックな雰囲気になる。

#10 あたらしい器、いつもの料理。
#10 あたらしい器、いつもの料理。

この間のメニューは、
カキと春菊の焼きそば。
カキを蒸し焼きにしたときに出る
うまみたっぷりの
だしを味わって欲しくて、ソースはなし。
塩と少しのオイスターソースを絡めて、ライムをひと絞り。

日本風の焼きそばとは少し違った
南国を思わせる風味で、
白い洋皿に盛ると、より鮮やかに、
どこか異国の風を運んできた。

もうひとつ、
二つそろいで買った
古伊万里のそば猪口(ちょこ)は、
器店で手に取った瞬間に思い浮かんだ小鉢として使うことが多い。

いつだったか、
その藍色の美しい絵付けを見ていたら、
そうだ、柿を盛ったら奇麗なのでは、とひらめいた。
藍色と橙色(だいだいいろ)の渋いコントラスト。
アクセントにホウレン草の緑も入れよう。
それで、白あえを作ることにした。

#10 あたらしい器、いつもの料理。
#10 あたらしい器、いつもの料理。

旬を迎えた、ねっとり甘い柿。
それに負けないよう、豆腐はしっかり水切りしてクリーミーに。
味に深さを出したくて、少しだけ練りゴマを加えてみた。

ごまのコクと柿の甘みのバランスが
ちょうどよくできて、
われながら、これはおいしい。

日本酒にもワインにもよく合う味で、
食べる人の好みによってお酒はまちまちだけれど、
和食器でありつつも、
どこか北欧の雰囲気のあるこのそば猪口は、
どんなシーンにもしっくりと馴染んでくれる。

あたらしい器が来たことによって、
いつもの料理に少し工夫を加えようかなと思う。
その小さな変化は発見に満ちていて、
何よりすごく、面白い。

#10 あたらしい器、いつもの料理。

今日のうつわ

フランスのアンティーク大皿と、古伊万里のそば猪口

骨董市で買った器の中でも、ひときわ気に入っているもの。そば猪口は店主が教えてくれたのをまねして、コーヒーやお茶を入れる茶器としても使っています。アンティークの大皿は、これからのクリスマスシーズンに繊細な盛り付けを施してパーティーの主役にしたいなと考えています。

    ◇

写真 相馬ミナ 構成 小林百合子

高山都(たかやま・みやこ)

1982年、大阪府生まれ。モデルやドラマ、舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど幅広い分野で活躍。フルマラソンを3時間台で完走するなどアクティブな一面も。最近は料理の分野でも注目を集め、2作目となる著書『高山都の美 食 姿2』では、背伸びせずに作る家ごはんレシピを提案。その自然体なライフスタイルが同世代の女性の共感を呼んでいる。

高山都の日々、うつわ。

丁寧に自分らしく過ごすのが好きだというモデル・女優の高山都さん。日々のうつわ選びを通して、自分の心地良いと思う暮らし方、日々の忙しさの中で、心豊かに生きるための工夫や発見など、高山さんの何げない日常を紡ぐ連載コラム。

バックナンバー

#9 器を買いに。
#8 秋を飾る。
#7 おひつがくれた小さなしあわせ。
#6 カップの数だけ、いい時間がある。
#5 お弁当づくりから学んだこと。
#4 旅と器のいい関係。
#3 夏の麺と沖縄のガラス。
#2 雨の日の花しごと。
#1 青いプレートとジャムトースト。

 
【インタビュー】


  •    

    高山都さんの手放した考え方と、新しく始めた習慣。
       

       

    高山都さんの手放した考え方と、新しく始めた習慣。


       

  • #9 器を買いに。

    一覧へ戻る

    #11 おでん日和。

    RECOMMENDおすすめの記事