静けさの中、浮かび上がる境界線 野村佐紀子 写真展 “GO WEST”

静かで柔らかな表現で知られる写真家・野村佐紀子さん。野村さんにとって初となる、公立美術館での個展“GO WEST”が、愛知県の碧南市藤井達吉現代美術館で開催されます。故郷・山口を起点に、台湾、インド、パリ、スペイン・グラナダなど、旅先で撮影された写真や、展覧会のために碧南で撮影した新作を通して「西へと巡る」展示構成となっています。本展に併せて様々なイベントや、新作を収録した写真集『野村佐紀子 “GO WEST”』も刊行予定。

野村さんが写しだす、静けさの中に浮かび上がる境界線。その境界線を見つめていると、消えたはずの音が呼び起こされたり、また静けさの中に戻ったり。ゆらゆら揺れる心地よい時間をお届けします。

フォトギャラリーはこちら ※クリックすると詳しくご覧いただけます。

野村佐紀子 写真展 “GO WEST”

日程:2019年12月21日(土)~2020年2月24日(月・祝)
開館時間:10時~18時(入場は17時30分まで)
休館日:月曜日(ただし12月29日~2020年1月3日は臨時休館、2020年1月13日、2月24日(月・祝)は開館し、1月14日(火)に休館)
会場:碧南市藤井達吉現代美術館(愛知県碧南市音羽町1-1)
http://www.city.hekinan.lg.jp/soshiki/kyouiku/museum/index.html
※本展の終了をもって同館は施設増築のため、1年半の休館に入る予定。

【イベント】
アーティストトーク(展覧会や出品作について語ります)
講師:野村佐紀子(写真家)
日時:12/22(日)14時から約30分。
*予約不要。2階ロビーに集合

『GO WEST』

写真:野村佐紀子

※12月20日(金)発売予定(リブロアルテ)

 

野村佐紀子(のむら・さきこ)
写真家。1967年山口県下関生まれ。東京都在住。1991年九州産業大学芸術学部写真学科卒業。1991年より写真家・荒木経惟に師事。1993年より国内外写真展、写真集多数。おもな写真集に「裸ノ時間」(平凡社)、「愛ノ時間」(BPM)、「黒闇」(AkioNagasawa Publishing)、「夜間飛行」(リトルモア)、「NUDE / A ROOM / FLOWERS」(MATCH and Company)、「Flower」(リブロアルテ)、「Ango/Sakiko」(bookshop M)、「愛について」(ASAMI OKADA PUBLISHING)など。

映画『風の電話』舞台挨拶つき完成披露試写会へ5組10名様ご招待 

TOPへ戻る

俳優・山田真歩さんが語る“暗黒時代”を一緒に乗り切った相棒のこと

RECOMMENDおすすめの記事