とっておきのお福分け

映画『風の電話』舞台挨拶つき完成披露試写会へ5組10名様ご招待 

朝日新聞デジタル&wとっておきのお福分けでは、ライフスタイルを豊かにする手がかりとして、編集部で厳選したすてきな読者プレゼントをお届けします。今回の試写会は、上映前にモトーラ世理奈、西島秀俊、諏訪敦彦監督による舞台挨拶があります。

映画『風の電話』舞台挨拶つき完成披露試写会へ5組10名様ご招待 

『風の電話』2020年1月24日(金)全国公開  © 2020映画「風の電話」製作委員会

上映前にモトーラ世理奈、西島秀俊、諏訪敦彦監督の舞台挨拶つき

もう一度、話したい―――。岩手県に住むガーデンデザイナー・佐々木格(いたる)さんが、死別した従兄弟への思い、そして同じように誰かをなくした人たちの救いになればという思いから、自宅の庭に老朽化した黒電話を設置しました。その電話をモチーフにした映画『風の電話』が2020年1月24日(金)より全国公開されます。

12月26日(木)に開かれるこの映画の完成披露試写会に、5組10名様をご招待します。

佐々木さんが建てた、電話線のつながっていない白い電話ボックスは、東日本大震災の被災地、岩手県大槌町の丘の上にたたずんでいます。震災後、「天国につながる電話」として人々に広まり、7年半で3万人を超える人々がこの場所を訪れるようになりました。

映画では震災で両親と弟を失った一人の少女が、「なぜ自分だけ生き残ったのか」という思いを抱えながら、広島の伯母宅から故郷の大槌をめざす道程が描かれます。監督は、『M/OTHER』(99)『ライオンは今夜死ぬ』(17)などで知られる諏訪敦彦。主人公ハルを、モトーラ世理奈が演じ、西島秀俊、西田敏行、三浦友和らが脇を固めます。監督・キャストの舞台挨拶と共にお楽しみ下さい。

>>応募はこちらから(12月15日(日)締め切りです)

『風の電話』完成披露試写会

■日程:12月26日(木)18:00開場/18:30開演(上映:136分)
■場所:イイノホール (千代田区内幸町2丁目1-1)
■登壇者:監督・キャスト 登壇予定
■応募締め切り日:12月15日(日)

※登壇ゲストは急遽変更となる場合もございます。ご了承ください。
※場所や時間の詳細は、当選をもってお知らせいたします。
※当日はメディア取材が入る予定です。お客様が取材等で写り込む場合がありますので、予めご了承下さい。

ご当選された方は、ご招待状の記載をご確認の上、ご来場ください。

応募の条件は、下記の通りです。
1.応募時のアンケートにご回答ください。
2.「&w」のTwitterFacebookInstagramいずれかのアカウントをフォローして、プレゼントキャンペーン投稿のリツイート(シェア)をお願いいたします。

応募はこちらから。

※抽選に際しては、条件に同意のうえ不備なく応募してくださった方を対象といたします。
※応募後の取り消し、およびお問い合わせはお控えください。
※応募者多数の場合は厳正な抽選により当選者を決定します。発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※当選された方にはプレゼントの発送先のご住所を入力していただきます(日本国内のご住所のみの対応とさせていただきます)。ご住所の入力がない、もしくはご住所に間違いがあり商品が送付できなかった場合は、当選を辞退されたとみなし発送を停止させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※当選の権利を他人に譲渡することはできません。

『風の電話』2020年1月24日(金)全国ロードショー

公式HP:kazenodenwa.com/
監督:諏訪敦彦
脚本:諏訪敦彦・狗飼恭子
出演:モトーラ世理奈 西島秀俊 西田敏行(特別出演) 三浦友和
配給:ブロードメディア・スタジオ
© 2020映画「風の電話」製作委員会

■「&w」読者プレゼント「とっておきのお福分け」
>>これまでの「とっておきのお福分け」を見る

この記事をシェアしよう!
応募はこちらから

【劇場鑑賞券プレゼント】草間彌生の知られざる苦悩と努力を描く、海外ドキュメンタリー映画『草間彌生∞INFINITY』 

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事