北欧の器を愛でながら、くつろぐカフェタイム

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

木のぬくもりや、自然のモチーフを生かした北欧のデザインやプロダクトは日本でも愛用されてきた。なかでも身近に取り入れられる「器」は人気が高い。そんな北欧の器で、北欧のローカルフードやスイーツを楽しめる都内近郊の素敵なカフェをご案内。都心にいながら北欧気分に浸りませんか?
(企画構成・文:佐々木真純 撮影:増永彩子)

    ◇

埼玉県飯能市にある、北欧をモチーフにしたテーマパーク「メッツァビレッジ」。都心から電車で約1時間、ムーミンバレーパークをはじめ、森や湖が広がる北欧の雰囲気を体験できるとあって、週末には家族連れで賑わう。その一角に位置するカフェ「nordics(ノルディクス)」を訪れた。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

メッツァビレッジに入ってすぐの宮沢湖を望むように立つ鮮やかなブルーの建物

4カ月ごとの期間限定で、デンマークの「ロイヤル コペンハーゲン」、フィンランドの「イッタラ」「アラビア」といった北欧を代表するテーブルウェアブランドの器で料理を楽しめるというのがコンセプト。現在は、2020年2月末まで、240年以上もの歴史を誇るデンマークの王室御用達の「ロイヤル コペンハーゲン」とコラボレーションしている。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

店内は、窓から差し込む自然光と、ほんのりと柔らかい暖色のライトや、テーブル、チェアなど北欧インテリアを象徴する白木のぬくもりに包まれたコージーな空間

「“食器を通じていつ来てもそれぞれに違う北欧が感じられるカフェ”として、ショップも併設しておりますが、ただモノを買うのではなく、どういう雰囲気で、どういう時間を過ごせるかを重視して作られました」とロイヤル コペンハーゲンでマーケティングを担当する品川佳子さん。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

デンマークのストリートグルメでおなじみのホットドッグを。一番人気はボリューム満点の「プレミアム ノルディクスドッグ」1,150円(ドリンクセット)。ジューシーなソーセージに、サワークリームとクリームチーズをミックスしたアボカドディップ、トマトサルサ、チェダーチーズソースがたっぷり ※価格は全て税抜き価格です

「ロイヤル コペンハーゲン」というと、ちょっとかしこまった特別な器というイメージが強いが、実際には、現地では自宅やカジュアルなカフェでデイリーに使われている。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

左:「フレスケスタイ 和風のベリーソース」1,500円。低温でじっくり焼き上げたローズマリー風味の柔らか豚バラ肉に醤油とベリーの特製ソースを添え、クリスマスの限定コレクション「スターフルーテッド クリスマス プレート」に乗せて。 右:デンマーク版オープンサンドイッチ「スモーブロー」。野菜たっぷりで柑橘(かんきつ)ドレッシングを利かせたスモークサーモンは王道のおいしさ。1,300円(ドリンクセット)※価格は全て税抜き価格です

ノルディックスでも、「ブルーフルーテッド メガ」「フルーテッド シグネチャー」など気軽に取り入れられる器を使用。デンマークのランチの定番「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドイッチ、伝統的な家庭の味である豚肉のロースト「フレスケスタイ」、ホットドッグといったストリートフードまで、さまざまなローカルなメニューを提供する。デンマークの国民食とともに、より身近に「ロイヤル コペンハーゲン」を感じることができるのは日本ではここだけ。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

併設されているショップにて、カフェで使用されている器をその場で購入できるのも嬉しい

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

左奥:「ブルーフルーテッド メガ」プレート 22cm 9,000円 右奥:「フルーテッド シグネチャー」マグL ペア 6,000円 手前:アルファベットマグM 8,000円、アルファベットプレートY 8,000円 ※価格は全て税抜き価格です

「特にデンマークには、『ヒュッゲ(hygge)』という、家族、友人、仲間とまったりと過ごす時間という概念があります。また、人と人のつながりが密接で、家庭に招くことで、カジュアルにくつろいでもらおうという考え方があたり前のようにあるので、そんな風習や食文化も伝えていきたい。『イッタラ』『アラビア』の母国フィンランドでもこうした時間は大切にされていますので、ブランドを変えることで、ちょっとした文化や違いが感じられるといいと思います」

北欧を感じにわざわざ赴きたい、週末にのんびり出かけるのにおすすめのカフェだ。

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

<店舗情報>
nordics(ノルディックス)
住所 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァビレッジ内
お店の地図

営業時間 10:00〜20:00(19:00 L.O.)

もっと楽しみたい北欧の器

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」
スウェーデン式のお茶の時間を生み出すファクトリー(豪徳寺・FIKAFABRIKEN)

デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」
フィンランドのヴィンテージに囲まれて過ごすアットホームなひととき(荻窪・istut)

 

関連記事

  • デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

    「海」をキャンバスに、気鋭のシェフが描く料理【PR】

  • デンマーク王室御用達の器でご当地料理をカジュアルに体験 「nordics(ノルディクス)」

    空間とコーヒーの質を高めてくれる、ロイヤルコペンハーゲンの器/喫茶店「椿屋珈琲」

  • フィンランドのヴィンテージに囲まれて過ごすアットホームなひととき 「istut(イストゥット)」

    一覧へ戻る

    RECOMMENDおすすめの記事