おんなのイケ麺

「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば 山田真歩さん

「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば 山田真歩さん

「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

森のさんは思い出深いお店です。近くにある小さな出版社で24歳から28歳まで働いていました。初めて給料を頂いた時、ここにランチを食べに行ったんです。緊張しながら1人で入ったのを覚えています。それからも何度かランチや仕事帰りに行きました。そばの香りが良いんですよ。

味も大事ですが、お店の雰囲気も大事。若い人がキャピキャピしている空間は苦手で。年配の人たちが静かに食べているほうが落ち着けます。演技の道に進むため会社を辞めることにした時も、当時の社長がこのお店で送別会を開いてくれました。

「胡麻(ごま)だれ」は好きでよく食べていたメニューです。濃厚な白ゴマのペーストを好みの量のそばつゆで割って食べるんですが、つゆは関東風と関西風の2種類から選べるんです。私はいつも関西風。そばちょこが二つ出てくるので、そばつゆだけでそばを味わうこともできます。鉄瓶で出されるそば湯もとろりとしていてすごくおいしいんですよ。

    ◇

「蕎麦切 森の」 東京都文京区本郷2の25の1(電話03-3818-9555)。950円。午前11時半~午後2時、5時~8時(土曜、30日と1月6日、7日は昼のみ。12月31日は正午~8時半ごろ〈途中休憩あり〉。終了時間はラストオーダー)。日曜・祝・休と1月1日~5日休み。

PROFILE

「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば 山田真歩さん

山田真歩さん

やまだ・まほ 俳優。1981年東京都生まれ。ドラマ「シャーロック」(フジ系)、全国順次公開中の映画「夕陽のあと」などに出演。

関連記事

  • 俳優・山田真歩さんが語る“暗黒時代”を一緒に乗り切った相棒のこと

    俳優・山田真歩さんが語る“暗黒時代”を一緒に乗り切った相棒のこと

  • 「ヒビノビア」の塩辛と明太子のバターソース 生麺タリアテッレで 今井雅子さん

    一覧へ戻る

    「きたかた食堂 神保町」の超多加水自家製手揉麺 肉そば塩煮干し 諏訪綾子さん

    RECOMMENDおすすめの記事