週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

&w編集部が選ぶ、気になる展覧会・イベント情報をお届けします。もう、すっかりお正月気分も抜けて、エンジン全開で日常を送っていらっしゃるでしょうか。
日本では二度目の展覧会となるソール・ライター展や、フードアーティスト諏訪綾子さんによるパフォーマンスなど、今週末も心躍るイベントが待っています。

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」3月8日(日)まで

週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

ソール・ライター 《キャロル、『Harper’s Bazaar』のための撮影》 1960年頃、発色現像方式印画 ©Saul Leiter Foundation

information
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
会期:2020年1月9日(木)~3月8日(日) *1月21日(火)・2月18日(火)のみ休館
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
入館料:一般 1500円、大学・高校生 1000円、 中学・小学生 700円
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連記事

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家が再び 「永遠のソール・ライター」展

    ニューヨークが生んだ伝説の写真家が再び 「永遠のソール・ライター」展

    [フォトギャラリー]

  • 誰も知らない都市の断面 中野正貴写真展「東京」

    誰も知らない都市の断面 中野正貴写真展「東京」

    [フォトギャラリー]

  • 「記憶の珍味 諏訪綾子展 Taste of Reminiscence Delicacies from Nature」
    1月18日(土)~3月22日(日)まで

    週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

    ゲリラレストラン at 東京キャラバン 京都・二条城/2017年
    撮影:井上嘉和 連載「CROSS TALK ―クロストーク―」より

    世界で高い注目を集めるフードアーティスト諏訪綾子さんの個展『記憶の珍味』を開催。
    誰もが個人的にもっている記憶をテーマに新たな「食」の表現に取り組みます。会期中には、不定期に、ギャラリー内で、諏訪さん自身が、自らの記憶をゲストとともにあじわい、その感覚を共有する参加型のパフォーマンスを実施する予定。

    information
    「記憶の珍味 諏訪綾子展 Taste of Reminiscence Delicacies from Nature」
    会期:2020年1月18日(土)~3月22日(日)
    火~土 11:00~19:00
    日曜・祝祭日 11:00~18:00
    休館日:毎週月曜日
    入場無料
    会場:資生堂ギャラリー(東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階)

    関連記事

  • MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

    MIYAVI×諏訪綾子 トップアーティスト2人が語る 「学ぶことは生きること。生きることはあじわうこと」

    [CROSS TALK ―クロストーク―]

  • 「きたかた食堂 神保町」の超多加水自家製手揉麺 肉そば塩煮干し 諏訪綾子さん

    「きたかた食堂 神保町」の超多加水自家製手揉麺 肉そば塩煮干し 諏訪綾子さん

    [おんなのイケ麺]

  • 「earth garden “冬” 2020 新年会」1月18日(土)、19日(日)

    週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

    “新年のフェス初め”がテーマの冬の「アースガーデン」。クラフト作品や海外からセレクトされた小物、フェアトレード雑貨や、オーガニックな加工食品などが並び、特設ステージでは勝井祐二(ROVO)&Yae(半農半歌手)などのライブも開催。餅つきも。

    information
    「earth garden ”冬” 2020 新年会」
    日程:2020年1月18日(土)、19日(日)
    両日10:00~16:00
    タイムテーブル
    会場:東京都渋谷区 代々木公園 ケヤキ並木
    入場無料
    「ごみゼロイベント」を目指しているため、マイボトル・マイ食器・マイバッグ持参を呼びかけている→くわしくはこちら

    関連記事

  • シェアの先の共同生活。ニューヨーク州イサカの「エコビレッジ」

    シェアの先の共同生活。ニューヨーク州イサカの「エコビレッジ」

  • 移住者が復活させたお祭り。千葉県鴨川市大山「よそ者の盆踊り」

    移住者が復活させたお祭り。千葉県鴨川市大山「よそ者の盆踊り」

    [POSTURBAN &農存]

  • 「matohu 日本の眼(め)展」 1月22日(水)まで

    日本の美意識を服に落とし込み「日本の眼(め)」のタイトルで8年間コレクションを発表してきた、まとふ(堀畑裕之・関口真希子)の展覧会が東京・表参道のスパイラルで開かれています。1月18日(土)・19日(日)はイベントも。

    information
    matohu 「日本の眼(め) 展」
    会期:2020年1月22日(水)まで
    会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
    住所:東京都港区南青山5-6-23
    時間:11:00~20:00
    入場無料

    関連記事

  • 日本の美を服に、まとふが展覧会 東京・表参道

    日本の美を服に、まとふが展覧会 東京・表参道

    [朝日新聞ファッションニュース]

  • こぎん刺しのアクセント まとふ「深い物語性」、生地作りから模索

    こぎん刺しのアクセント まとふ「深い物語性」、生地作りから模索

    [朝日新聞ファッションニュース]

  • 「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」2月2日(日)まで

    週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

    窓をめぐるアートと建築の旅。デュシャンなど20世紀美術の巨匠から、ル・コルビュジエやカーンら建築家の作品まで。ジャンルを超えて集まった、58作家、115点を紹介。

    information
    「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」
    会期:2020年2月2日(日)まで
    10:00~17:00(金・土~20時。入館は閉館30分前まで)
    料金:一般1200円 大学生700円
    会場:東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)

    建築・アートが好きなあなたに

  • フランス人写真家が捉えた東京の面白さ

    フランス人写真家が捉えた東京の面白さ

    [フォトギャラリー]

  • 建たなかった建築、50の物語『まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦』

    建たなかった建築、50の物語『まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦』

    [ほんやのほん]

  • 「東京の粋は、進化する。『東京手仕事展』」 2月9日(日)まで

    週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

    東京の職人とデザイナーのコラボレーション商品を中心とした、期間限定販売会を開催。

    information
    「東京の粋は、進化する。『東京手仕事展』」
    日時:2020年2月9日(日)まで
    10:30~20:30
    会場:GINZA SIX 5F 「マークスタイルトーキョー GINZA SIX店」
    (東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 5F)

    伝統技術が好きなあなたに

  • 銘仙の時代や洋の東西を超える可能性とは

    銘仙の時代や洋の東西を超える可能性とは

    [上間常正 @モード]

  • 手仕事と工芸をめぐる 大人の沖縄

    手仕事と工芸をめぐる 大人の沖縄

    [フォトギャラリー]

  • 「ゾクゾク深海生物2020~未知なる世界へ~」3月8日(日)まで

    週末ここ行こう―イベント情報 2020年1月18日・19日

    水深200mほどの深海の入り口にすむ生き物をみて触れて味わえる冬限定のイベント。深海生物の展示や、ゾクゾクしながら深海生物にタッチできるイベント「ゾクゾクタッチ」に加えて、ラブカ、フトツノザメなど数種類の深海ザメの冷凍標本に触れることができる「深海サメタッチ」を実施。

    information
    「ゾクゾク深海生物2020~未知なる世界へ~」
    日時:2020年3月8日(日)まで
    会場:サンシャイン水族館
    料金:大人(高校生以上)2200円、子供(小中学生)1200円、幼児(4歳以上)700円
    「ゾクゾクタッチ」
    各日12:15/15:15~(各回約30 分)
    料金:300円(各回定員20名)※別途水族館入場料が必要です
    【対象生物】オオグソクムシ、オキナマコ、 オオコシオリエビなど

    海が好きなあなたに

  • 美ら海 きらめく

    美ら海 きらめく

    [フォトギャラリー]

  • 知人の別荘に来たように。家具と海が響き合うカフェ「コード葉山」

    知人の別荘に来たように。家具と海が響き合うカフェ「コード葉山」

    [鎌倉から、ものがたり。]

  • 気分が上がる文房具

    TOPへ戻る

    浄明寺エリア、イェンス・イェンセンさんの縁でつながる地域の新拠点(1)「マナビノキ」

    RECOMMENDおすすめの記事