このパンがすごい!

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

きらびやかなケーキが並ぶショーケースの上に総菜パンという奇観。それも、お上品に取り澄ました総菜パンではなく、大ぶりな生地の上にがつんとカレーや具材をのっけた豪快なやつなのだから半端ない。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

総菜パンとうつくしいケーキが共存

 ここはフランス菓子の名店「オーボンヴュータン」の流れをくむ人気店「レタンプリュス」。昨年の移転リニューアルオープンを機に、パンを一気に充実させた。

 阿蘇の噴火口を思わせる豪快な開口部になみなみとカレーフィリングをたたえた「焼きカレーパン」。わかりやすさへと振り切った、ビーフカレーはコクががつん。重量感をも備えたもちもちフォカッチャ生地は、加水やや多めのちゅるちゅる系。ビーフのインパクトにも拮抗(きっこう)し、じゃがいもが放つでんぷん質のフレーバーを放つ。トッピングされたパルメザンチーズのミルキーさも相まってまるでカレードリア。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

焼きカレーパン

 パンのスペシャリストとしてこの店のパンを一手に引き受ける山川司さん。フォカッチャ生地には、もちもち食感を演出する一工夫がある。

「マッシュポテトを入れ、水分量を少し多めにしています」
 じゃがいもとカレーとの相性が食べ手のがっつきを加速させているのだ。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

パンの隣に焼き菓子

 総菜パンもさることながら、ケーキといっしょにおいしい食パンを買えるのも想定外のよろこびではないか。自家製コンフィチュールの横に置かれた「パン・ド・ミ」は、気泡の網目のうつくしさだけで自らのやわらかさを私に語りかけてきた。食感が異次元。ゼリーを噛(か)むように、歯のあいだでぷるぷるふるえつつ、ぷしゃあっと潰れ、バターの香りを噴き出しながら溶けていく。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

パン・ド・ミ

 副材料はシンプルにバターと砂糖と塩だけ。国産小麦の特徴を活かして作られる。

「北海道産ゆめちからを100%で使っています。湯種を入れ、水分も90%と多く入れています」

 水分を90%も入れられるのはゆめちからならでは。この品種ならではのもちもち感を湯種がさらに強調している。

 焼き菓子がおいしいのはパティスリーならでは。パン職人による自信の生地で作られれば、なお当然のことだ。「クイニーアマン」はフランス・ブルターニュの発酵菓子。焼き締めたクロワッサン生地に、鏡のようにつややかにシュガーコーティングがなされる。ばりばりっ、ぼりぼりっと激しく音を立てて崩壊。さくさくと噛み進むと一転、じゅるじゅるジューシーにバターがちょちょぎれる。キャラメルの香りにも幻惑され、本場サイズのどかんと大きい1個をぺろり平らげてしまった。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

クイニーアマン

「クロワッサン生地の中にバターを包んでいます。「タカナシ特選バター」というすごくおいしいバターを使っています」

「クロワッサン」は山川さんのおすすめでもある。
「三つ折り×四つ折り(=12層)と厚めに折っているので、(バターの層も厚いために)バターがじゅわーっと出てくるんです」

 バター感はひんやりと感じられるほどに豊潤で、生々しい。厚さはまた、焼き菓子のラングドシャを思わせるようなざくざく感を演出している。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

クロワッサン

 先述のタカナシ特選バターを練って作ったバタークリームをはさんだ「ミルクフランス」。これも上品にかりかりさくさくではなく、コッペパンのように大ぶりでもっちもちのがっつり系だ。ヴィエノワ生地は、アクセルを踏み込むように奥歯でふにいと沈む。もっちもっちと戯れていると、バタークリームがじゅるーんと溶けてくる。バターの香りはクリアでありながら、広がりと余韻がすばらしい。それをバニラが華やかに彩る。

美しいケーキ×総菜パン×イートインが共存する行列店/レタンプリュス

ミルクフランス

 駐車場も広い郊外型の店舗に、週末は行列ができる人気店。サロン・ド・テを備えていて、ケーキといっしょに、サンドイッチやパンをイートインできる。もちろんテイクアウトでも。遅く起きた朝のブランチにはうってつけの一店だ。

パティスリーレタンプリュス
千葉県流山市市野谷543-1
04-7168-0960
10:00~19:00
火曜休
https://www.facebook.com/LesTempsPlus/

>>店内やパンの写真をもっと見る ※写真をクリックすると、拡大表示されます

こんなお店もおすすめ

  • 妻はパン職人、夫は焙煎士。一軒で極上のコーヒーとパンが堪能できる店/ JUDO

    妻はパン職人、夫は焙煎士。一軒で極上のコーヒーとパンが堪能できる店/ JUDO


    千葉県松戸市

  • 全国の小麦を駆使して生み出す、驚きのふんわりやさしい甘さ/オーディナリー

    全国の小麦を駆使して生み出す、驚きのふんわりやさしい甘さ/オーディナリー


    茨城県守谷市

  • 「でか盛り」の誘惑が、食欲中枢を直撃/ツオップ

    「でか盛り」の誘惑が、食欲中枢を直撃/ツオップ


    千葉県松戸市

  • 夏の入道雲のようなリュスティックの香りと、自由形アイスパンの衝撃/パラオア

    夏の入道雲のようなリュスティックの香りと、自由形アイスパンの衝撃/パラオア


    千葉県鎌ヶ谷市

  • さすが草加のバゲット! 旧街道の町に最新技術の「ぐっとくる」新店/おーぐぱん

    さすが草加のバゲット! 旧街道の町に最新技術の「ぐっとくる」新店/おーぐぱん


    埼玉県草加市

  • >>まとめて食べたい!「このパンがすごい!」記事一覧

    >>地図で見る

    PROFILE

    池田浩明

    佐賀県出身。ライター、パンの研究所「パンラボ」主宰
    日本中のパンを食べまくり、パンについて書きまくるブレッドギーク(パンおたく)。編著書に『パン欲』(世界文化社)、『サッカロマイセスセレビシエ』『パンの雑誌』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』(ガイドワークス)、『人生で一度は食べたいサンドイッチ』(PHP研究所)など。国産小麦のおいしさを伝える「新麦コレクション」でも活動中。最新刊は『パンラボ&comics 漫画で巡るパンとテロワールな世界』(ガイドワークス)
    http://panlabo.jugem.jp/

    築100年の土蔵で厳選素材の丸パンやツナサンドをイートイン!/関次商店 パンの蔵 風土

    一覧へ戻る

    ばりっばりピッツァにバゲットにぷるぷるブリオッシュ、止まらぬ快楽の電流/ラ・マン・キ・パンス

    RECOMMENDおすすめの記事