シトウレイの好きな服、似合う服。

2020年のラッキーアイテムを着こなすコツ!

シトウレイです、こんにちは!

2020年が始まりましたね! 気持ちも新たにチャレンジして物事を始めた人もいるんじゃないかな?と思います。
そういうときついついチェックしてしまうのは占い。今年の運勢は? よきタイミングや方角、アイテムなんかを、応チェックしてしまう人も多いのではないかと思います。(ちなみに私は石井ゆかりさんの占いの大ファンです!)

と、いうことで今回は「縁起がいいファッション」というテーマでお届けします。
聞けば今年はラッキーモチーフは〇(まる)。欠けたところがなく、まぁるいモチーフが幸運を呼び込むそう。
さて、ファッションで〇(まる)モチーフというと……水玉!
ストライプ、チェックと並び水玉は永遠の定番とも言えるベーシックな柄ですが、実は大人が着こなすには少しばかりのコツが必要なんです。

ポイントその1は、水玉の大きさ。
水玉は子供っぽいイメージがあります。少女時代は大きめな水玉もラブリーですが、レディーの我々が大きめ水玉を着たら、ちょっと奇を衒(てら)いすぎたイメージに。
私のイメージでは“大道芸人さんかな?”“今くるよ姉さんへのオマージュかな?”と勘違いされるかもと思ってしまいます。
と、いうことで大人が水玉を選ぶ際は、小さめの水玉を選ぶのがコツ! そうすることによって、落ち着きながらもかわいさのあるスタイルになります。

そしてポイントその2は、ボリューム感。
例えばワンピースで上から下までフルで水玉柄、というのもキュートではあるのですが、若干「かわいすぎる」印象に。特に丸顔や童顔タイプの方は要注意。
そういう時は、写真の彼女のように上からジャケットなどを羽織って、水玉が見えるボリュームを減らすのがおすすめです。水玉の柄量が少なくなることで「かわいさ」を抑え、大人にふさわしい、水玉あしらいが完成します。

そしてポイントその3は、テイスト。
水玉がかわいい柄だからこそ、どのアイテムで採り入れるかは注意が必要。個人的にはここは勝負に出るのをおすすめします。かわいい柄こそ、かわいいアイテムでとりいれる。   
漫才でいうと、ボケにはさらにボケで返す、こってりカルボナーラにさらに粉チーズをふりかけるように、そこはコッテコテにかわいいにかわいいを乗っけるのがおすすめです。

中途半端にユニセックスなジャケットやパンツアイテムで取り入れると「なんだか中途半端で、かわいいんだか何なんだか」になってしまいます。

ワンピースなどのアイテムによる、コッテコテのかわいいがあるからこそ、ポイント2でご紹介したジャケットを羽織ったりなど、「引き算」するそのテクニックがより引き立つわけです。この彼女もシフォンの水玉ワンピースにジャケット、そしてカジュアルなデニムを下に合わせて引き算テクニックによる妙味を醸し出しています。

「着こなし」のテクニックにおいて大事なのはメリハリ!です。彼女のようにメリハリが効いた着こなしをすることでワンランク上の着こなしになります。

ラッキーモチーフを身につけて、今年も笑顔でハッピーに、ファッションを楽しんでくださいね。

ではでは今日はこの辺で。
また次回お会いしましょう、チャオ!

    ◇


  •    

    赤いルージュを効かせて、“大人ガーリー”を着こなす【パリコレ編】
       

       

    赤いルージュを効かせて、“大人ガーリー”を着こなす【パリコレ編】


       


  •    

    小物から春を取り入れる
       

       

    小物から春を取り入れる


       


  •    

    オールインワン、どう着る?
       

       

    オールインワン、どう着る?


       


  •    

    大人に似合うデニム選びと着こなしのコツ
       

       

    大人に似合うデニム選びと着こなしのコツ


       


  •    

    秋冬だからこそ取り入れたい。大人のパステルカラー
       

       

    秋冬だからこそ取り入れたい。大人のパステルカラー


       


  •    

    遊び心は残しつつ、「きちんと感」があるスタイル
       

       

    遊び心は残しつつ、「きちんと感」があるスタイル


       


  •    

    ジョガーパンツもこのコツがあれば「こなれ」てみえる。
       

       

    ジョガーパンツもこのコツがあれば「こなれ」てみえる。


       

  • PROFILE

    シトウレイ

    shitorei-sukinafu-kuniaufuku
    日本を代表するストリート・スタイル・フォトグラファー、ジャーナリスト。
    毎シーズン、世界各国のコレクション取材を行い、独自の審美眼で綴られる言葉と写真が人気を博している。
    ファッションにおける感性の高さと分析力で講演や執筆、テレビやラジオ出演、商品プロデュースやコンサルタント等、ジャンルを超えて活動。
    ストリートスタイルの随一の目利きであり、「東京スタイル」の案内人。
    また彼女自身のセンスも、ストリートフォトグラファーの権威「The Sartorialist」の著書で特集を組まれる等、ファッション・インフルエンサーとしても活躍中。

    STYLEfromTOKYO

    著書:
    東京ストリート写真集「STYLEfromTOKYO」
    (discover21刊)
    東京ガイド「日々是東京百景」
    (文化出版局刊)

    オールインワン、どう着る?

    一覧へ戻る

    小物から春を取り入れる

    RECOMMENDおすすめの記事