店で

春を待つトップス

春を待つトップス

東京・神宮前のハウス・フィルメランジェで見つけたのは、綿100%のニット。こんにゃくいもをのり状にして糸にコーティングするという特殊な加工を施すことで、軽く、麻のようなさらっとした風合いに仕上げた。脇にスリットが入っており重ね着が素敵。国内生産で、硬すぎず、弱すぎず程よい編み上がりが着心地の良さにつながっている。3万7400円。

春を待つトップス

表参道ヒルズでは、山本耀司がクリエーティブディレクターを務めるアディダスの「Y―3」のパーカに注目。袖、身ごろなどにタックを入れ、ラグラン袖の切り替えを内側に寄せたデザインも大胆。丈は前が短めで、後ろは少し長めだ。柔らかく、かつハリ感のある素材で立体感を出した。色は赤、黒の他にも今後追加される予定。2万7500円。

春を待つトップス

コス銀座店では、異素材を使ったトップスを選ぶ。上部は綿とポリウレタンの混紡ニットで動きやすく、下部は綿100%。ゆったりとしたシルエットで、インナーにはタートルを合わせたり、暖かくなってきたらタンクトップを重ねたりして、長く着られそう。胸元の大きなポケットがアクセント。他に紺×白の色違いもある。7500円。

おすすめ記事 【#ファッション・ビューティー

  • 小さいバッグで、いつものコーデを華やかに

    小さいバッグで、いつものコーデを華やかに

  • オールインワン、どう着る?

    オールインワン、どう着る?

  • パワーや癒やし、小さなお守り

    パワーや癒やし、小さなお守り

  • PROFILE

    飯塚りえ

    ゴロゾーマシーン 編集者・ライター
    ファッション業界紙、建築雑誌、女性サイトの編集などを経て編集プロダクション設立。著名人、研究者など200名以上にインタビュー。ファッションから先端科学まで幅広く執筆中。
    https://ja-jp.facebook.com/gorozomachine.jp/

    気分が上がる文房具

    一覧へ戻る

    今年のバレンタインは? 

    RECOMMENDおすすめの記事