リノベーション・スタイル

築50年以上の古さを生かし、デザインと素材にこだわった家づくり

Kさんご夫婦(夫50歳・妻50歳)
東京都郊外/築50年以上/97.97平米

車やバイクなど趣味がたくさんあるKさん、東京藝術大学で彫刻を学ぶ奥さま、それぞれに好きな世界観があるご夫婦が、祖父母が暮らしていた築50年以上の2階建の一軒家をリノベーションしました。ときどきメンテナンスに訪れてはいましたが、20年以上空き家になっていたので、建物のいたみはあったそう。でも、新しい家にはない、時を重ねた家の雰囲気を受け継ぎたいと考えました。古い家の風情を大切に、今の自分たちにあった家にしたいと、希望されたのです。

大きく変更したのは1階の間取りです。リノベーション前は小さく区切られていましたが、広めのリビング・ダイニングとガレージに。バスルームやトイレ、洗面所、パントリーなどは端に寄せて、リビング・ダイニングを中央に広々と作りました。

築50年以上の古さを生かし、デザインと素材にこだわった家づくり

増築したガレージを見る

家に使用する素材、設備などを提案すると、お二人はすぐに興味を持たれました。ショールーム巡りをするなど、ご自身で調べて、「バスルームにべネチアンガラスのタイルを使いたい」「ガスコンロはアメリカのバイキングのものに」「フローリングはチークの無垢(むく)にしたい」など、どんな暮らしをしたいのか、具体的にイメージを固めていきました。

特にキッチンは、バーベキューが好きなKさん、料理家のアシスタントをしていたこともある奥さまと、ともに料理好きのお二人のこだわりを表現しました。バイキングのガスコンロ、ガゲナウのバーべキューグリル、ビルトインのガスオーブン、モルタルのキッチンカウンター、大きめのステンレスのシンクなど、個性的なアイテムをセレクトされ、それらを相談しながらバランスよく配置。眺めているだけで心躍るような、美しいキッチンになりました。

築50年以上の古さを生かし、デザインと素材にこだわった家づくり

既存の構造柱を活用して、モルタルのキッチンカウンターを造作

リビング・ダイニングと水回りの仕切りの壁には、大きめの本棚を造作。フランス語学者だった祖父の古い本、お二人が持っていた美術書、料理本など、家中の本が並んでいます。

そして、本棚の真ん中にある戸を開けると、ベネチアンガラスのタイルの壁が美しい洗面所、バスルーム、トイレなどのスペースです。洗面台はオーバル型のゆったりした洗面ボウルとヴィンテージのイタリアのミラーが印象的。バスルームはバスタブとシャワーブースが左右に分かれ、バスタブ部分はドライバスにし、湿気を防ぎ掃除が楽になりました。また、トイレは、余計なものがないスタイリッシュな壁づけを選びました。

築50年以上の古さを生かし、デザインと素材にこだわった家づくり

本棚をくぐるとバスルーム

思い入れのある古い家に好きなものがギュッと詰まった、ギャラリーのような住まいです。使いやすさというよりは、好きを優先したおしゃれなデザイン、質のいい素材が古い家にちょうどよくなじみ、Kさんご夫婦らしい空間になりました。

Kさんご夫婦に聞く
リノベーションQ&A

1.家の中でどんなことをしている時間がお気に入りですか?

寝室は元々2階の予定でしたが、飼っている犬が階段を上がれなかったので、1階のガレージにベッドを置いています。予定外の変更でしたが、天気のいい日にガレージの扉を開けたまま、ベッドで昼寝することが、お気に入りの時間になりました。

他にも、ガスオーブンで焼きあがるピザを待っているとき、バスタブにつかりながら愛犬の頭をなでているときなど、家にいることが楽しくなるお気に入りの時間が増えました。

2.自分が想像していた以上のことはありましたか?

キッチンの位置を移動させたことで、庭を見ながら料理ができるようになって想像以上に楽しいですね。キッチンの脇に、リビング・ダイニングから出られるウッドデッキを作ったのですが、私たち以上に愛犬のお気に入りの場所になりました。

リビング・ダイニングとガレージの仕切りの壁をガラスにしたことで、広がりを感じられる空間になりました。ガレージにいることもわかるので、家族間のコミュニケーションもとりやすくなりました。

バスルームをドライバスにしたことで掃除が楽になり、想像以上の開放感があります。

築50年以上の古さを生かし、デザインと素材にこだわった家づくり

ドライバスルームはヴェネチアンガラスのモザイクタイル貼り

3.次にリノベーションをするとしたら、どんなことをしたいですか?

今の家に関してやり残したことはないのですが、あえて言うなら、ギャラリーとして使うためのリノベーション。妻のアトリエスペースも検討したいですね。

それから、フィルムカメラで撮った写真を現像するための暗室もあれば、老後さらに楽しめると思っています。

(構成・文 大橋史子)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

関連記事

  • 築70年の家を住み継いでいく、リノベーションの可能性

    築70年の家を住み継いでいく、リノベーションの可能性

  • 築49年リノベ賃貸をカスタマイズした部屋

    築49年リノベ賃貸をカスタマイズした部屋

  • 築60年の木造戸建て、1階にも自然光を入れるには

    築60年の木造戸建て、1階にも自然光を入れるには

  • >>リノベーション・スタイルのバックナンバーはこちら

    PROFILE

    石井健

    「ブルースタジオ」執行役員
    1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から600件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。また「賃貸アパート改修さくらアパートメント」(東京・経堂)で2014年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)、『MUJI 家について話そう』(部分監修)、『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。
    ブルースタジオへのリノベーションのご相談は、隔月開催のセミナーや、個別相談で承っています。
    http://www.bluestudio.jp/

    コンパクトな間取りでも収納はたっぷり。私らしい一人暮らしの住まい

    一覧へ戻る

    子どもの成長に合わせてカスタマイズできる「通り」がある家

    RECOMMENDおすすめの記事